企業研究・選び

あまり知られていない「未経験者歓迎」求人の秘密とは?

更新日:

未経験者歓迎求人を見つける
異業界、異職種に転職を考える方や業務経験が浅い方は「未経験者歓迎」を一つの指標として求人を探しているでしょう。

しかし、「未経験者歓迎」を掲げる求人には、未経験者を採用する意思がない企業や離職率の高い企業が含まれている場合があります。

そういった企業を見抜くためにも、「未経験者歓迎」と記載している秘密、つまり

なぜ「未経験者歓迎」と記載しているのか?

を把握しておくことが大切です。

このページでは「未経験歓迎」と記載するのはどんな企業なのか、どんな事情があるのか、その秘密を紹介します。

このページを読めば、どの求人・企業が真っ当な企業なのか、本当に未経験者を採用してくれるのか、を見極めることができるようになるはずです。

「未経験歓迎」を掲げる企業はどんな企業なのか?

「未経験者歓迎」を掲げるのは、おおむね次の3つのどれかです。

  1. 「未経験歓迎」と記載しないと応募者が集まらない不人気な職種、業界
  2. 離職率が高く、大量に人を採用したい企業
  3. 新規事業への進出で、経験者よりも未経験が欲しい・会社に新しいは風を入れたい企業など

「未経験者歓迎」求人のうち、大半が1と2です。しかも、1のケースは、未経験者を採用する意思がない企業であり、応募しても採用される可能性が低いです。

また2は、ブラック企業の可能性があります。

その理由などを詳しく解説していきます。

「未経験歓迎」と記載しないと応募者が集まらない不人気な職種・業界

不人気な企業で働く
このような企業は、未経験者を採用する意思はほとんどありません。

例えば、経験者を採用したいが、あまり人気のない業界・職種で、経験者がそもそも少ない場合、「未経験歓迎」と記載することで大量の応募者を募ります。

応募条件に「経験者のみ」と記載してしまうと経験者しか応募できませんが、「未経験歓迎」と記載しておけば、経験者も未経験者も応募できます。

このように応募者を大量に集め、経験者がいれば経験者を採用、未経験者しかいないのであれば、そのなかでもマシな人を採用するのです。

「未経験歓迎」と掲げ、大量に応募者を集められれば、求人サイトを運営する人材会社も面子を保てます。採用企業も大量の応募者のなかから、より優秀な人を選べるのです。

このような企業は、「未経験歓迎」と掲げておきながら、未経験者を採用する意思はほとんどありません。「未経験歓迎」という文言は応募者を集めるためのいわば釣り文言です。

見分ける方法

  • 採用枠が1名や2名など極端に少ない求人
  • 明らかに業界経験、専門知識が必要だと思われる仕事の求人

これらの求人に「未経験者歓迎」がある場合には注意が必要です。「未経験者歓迎」を釣りとして使っている可能性があります。

採用枠が1名や2名などの場合は、その企業のある特定のポストに空きがでて、その人員を埋めるための採用である可能性が高いです。

この場合、すぐに人員の穴を埋められる人材を採用する必要があり、まったくの未経験者では、明らかにその役は務まりません。

また、明らかに業界経験、専門知識が必要だと思われる仕事でも、時々、「未経験者歓迎」を掲げている求人があります。

求人の詳細に、「最初は研修で知識とスキルを身につけていただきます」「最初はアシスタントからのスタートとなります」といった記載があれば、未経験者を採用する意思のある企業でしょう。

しかしそういった文言がない場合は、応募者を集めるための釣り文言として「未経験者歓迎」を使っている場合があるので注意が必要です。

離職率が高く、大量に人を採用したい企業

離職率が高い企業で働く
このような企業は、ブラック企業である可能性が高いので応募の際は注意が必要です。

未経験者でもとにかくたくさん人を採用し、そのうち数人でも残ればそれでいい、というスタンスの企業です。「数うちゃ当たる」戦法でどんどん人を採用します。

採用してもどんどん辞めていくので、それに応じてまた採用します。

営業ノルマが異常に厳しかったり、サービス残業が当たり前であったりと、ブラック体質のある企業かもしれないので、応募するなら慎重になる必要があります。

見分ける方法

このような企業は転職サイトの求人詳細ページと面接である程度見抜くことができます。

例えば、求人票に「未経験歓迎」だけでなく、「フリーター歓迎」「ニート歓迎」「やる気があればOK」など、応募のハードルを異常に下げている企業は疑ったほうがいいでしょう。

応募のハードルを下げないと応募が集まらない不人気な企業、職種の可能性が高いです。もしくは応募のハードルを下げて、とにかく大量の人材を採用する必要性がある企業ということです。

また、面接で退職理由や志望動機をあまり詳しく聞かれず、簡単に内定をくれる企業も怪しいです。

「大量に採用して、数人当たりの人がいればそれでいい」というスタンスの企業である可能性が高いです。

他にはも、同じ業界で働いている人にその企業をの意見を聞いたり、転職者向け口コミサイトを参考にするも有効です。ポジティブな噂が全くないのであれば、ブラック企業だと思ったほうがいいでしょう。

◆転職者向け口コミサイト

新規事業への進出で、経験者よりも未経験が欲しい・会社に新しいは風を入れたい企業

外資系企業で働く
真っ当な優良企業であり「未経験者歓迎」求人のなかでも最も狙い目です。

例えば、新規事業なので経験者よりも未経験者の方が柔軟に対応でき、力を発揮できるのではないか、と判断し、未経験者を募集する企業。

もしくは、会社に新しい風を吹き込むため、異業界・異業種の人を募集する企業などです。

狙い目ではあるのですが、採用のハードルはかなり高いのが特徴です。前職での実績や高いポテンシャル、学歴、英語力などが高いレベルで求められる場合があります。

例えば、業界未経験可だが、マネージャー経験3年以上や法人営業経験3年以上、海外勤務の経験がある人、新規事業立ち上げの経験がある人などです。

転職サイト以外で「未経験者歓迎」を見つける方法

自分に合った求人を見つける男性
転職エージェントという転職サービスでも、未経験者歓迎の求人を見つけられます。

転職エージェントは、希望に合致した求人はもちろんのこと、一般には公開されない非公開求人を紹介してもらえるサービス。

しかもあなたの希望に合致し、なおかつ内定をもらえる可能性がある企業だけ。。

本当に未経験者を必要としている、もしくは未経験者を採用する意思があるが企業だけなのです。

「ブラック企業がどうか判断する自身がない」「求人広告の釣り文句に振り回されたくない」という方は、転職エージェントを利用して、求人探しをすることをおすすめします。

※代表的な転職エージェント

  • マイナビAGENT (20代、第二新卒の転職支援に強み
  • パソナキャリア (年収アップ率67%以上、利用者満足度が高い)
  • DODA (10万件以上の求人がある大手総合転職エージェント)

その他以下のページでは転職エージェントをまとめているので参考にしていただければと思います。

【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介!

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

続きを見る

転職を成功に導く重要まとめ

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職活動を始める際、最初に行うことといえば転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサイ ...

3

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-企業研究・選び

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.