採用側は転職者に何を求めているのか? 年齢別に解説

採用側は転職者に何を求めているのか? 年齢別に解説

「採用側は転職者に何を求めているのか?」気になりますよね。

採用側が転職者に求めているものは年齢によって異なります。

この違いを把握しないままだと、アピールするべきスキルをアピールできず、面接、もしくは書類選考で落とされるだけです。

ここでは面接や応募書類で間違ったアピールをしないよう、年齢別に採用側が求めている経験やスキルを紹介します。

20代の転職者に求められる3つのこと

  • ビジネスマナーや仕事の作法が身についていること
  • 他の会社の文化に染まっておらず、自社の社風や制度になじみやすいか
  • 行動力や挑戦力があるか

20代、とくに20代前半や第二新卒の転職方は、まだまだスキルや経験が浅いと判断されます。

採用側も即戦力として大きな期待を持ちません。

その代わり、ビジネスマナーや仕事の作法がある程度身についていることが求められます。

20代中盤、第二新卒に求められるのはポテンシャル

20代中盤、第二新卒の転職者にもっとも求められているのは、ポテンシャルです。

ポテンシャルとはつまり、「入社後、すぐに活躍できそうかどうか?」ということです。

ポテンシャルがあることをアピールできれば、ビジネスマナーが抜けていても採用してもえます。

逆にポテンシャルをうまくアピールできないと、スキルや経験が乏しい20代が採用してもらうのは難しいでしょう。

20代後半の転職者には業務経験やスキルが求められることも

未経験の仕事に応募する場合は経験やスキルが重視されることはそれほどないでしょう。

一方で、キャリアアップのための転職、つまり同じ職種に転職するのであれば、経験やスキルをしっかりアピールしていく必要があります。

30代の転職者に求められる3つのこと

  • 経験を生かして即戦力として会社に貢献できる
  • マネジメント能力を発揮できる
  • 在籍社員とうまく仕事をこなせる

30代になるとスキル・業務経験に加えて、マネジメント経験が求められるようになります。

「前の会社に染まっていて融通が利かないのでは?」と疑いを持たれる

また企業側が30代の転職者に持っている疑問としてあるのが次のようなことです。

  • 前職で実績がある場合、謙虚な姿勢にかけるのではないか?
  • 仕事に進め方や方針に対して批判的なのではないか?
  • 前職の社風に染まってうまくなじめないのではないか?

面接などでは、上記の疑いを晴らしてあげるようなアピールが必要です。

未経験の仕事への転職はかなり厳しい

30代の転職は基本的に即戦力の採用であり、未経験の募集はほとんどありません。

というのも
「仕事を柔軟に覚えられるのは30まで」
「30になると仕事の型ができあがってしまう」

などの説があるからです。

そのため30歳を超えた人が未経験の仕事に採用される可能性はほとんどないといえます。

もちろん絶対に不可能であるということはありません。それでもかなり厳しい、ということだけは覚えておきましょう。

転職エージェントを使うと転職が楽になる

「転職すべきか悩んでいる」
「いい求人がなかなか見つからない」
「アピールになるスキルがなくて困っている」

転職には悩みや疑問が尽きないものです。

それらすべてを解決してくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントを使うとプロのアドバイザーに転職サポートも受けられ、求人を紹介してくれたり、転職の疑問を相談ができたり、面接のアドバイスをもらえたりします。

転職を楽に進めるなら、一度相談しておくことをおすすめします。

代表的な転職エージェント

パソナキャリア 「正しい転職」を目指す大手総合転職エージェント。求人数が豊富。模擬面接や面接アドバイスなど面接対策が充実。
リクルートエージェント 利用者数トップクラス。約10万件の求人を保有するリクルートの転職エージェント。
doda 約10万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。とにかくたくさん求人を紹介してもらたいという方におすすめ。
【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介
転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介してまとめました。 気になる...