退職・転職理由 面接対策

退職・転職理由の伝え方のポイント+ポジティブな転職理由への言い換え例

更新日:

ポジティブに変える
転職は、現職に何かしらの不満があり、我慢の限界に達したから行うものです。

ネガティブな理由になることは仕方がありませんし、面接官もそれを重々理解しています。

しかし面接では、単なる悪口にならないように注意して伝える必要があります。

退職・転職理由を面接で話す際のポイント

面接での第一印象

未来に目を向けた目的を具体的に話す

退職・転職理由を聞かれた時は、退職に至った原因ではなく、未来に向けた前向きな目的を述べるようにしましょう。

たとえば営業のノルマが厳しくて転職を考えている場合、「ノルマが厳しいので転職を考えています」では退職の理由を述べているに過ぎません。

「現在も営業をしておりますが、単にノルマをこなすだけのではなく、計画、実行、検証、改善と、戦略をもった営業のスタイルを常々志しておりました。御社の募集内容を知り、御社でなら実現可能、と考え応募させて頂きました。」

上記のように前向きな転職理由として、応募先で実現可能な目的をアピールするようにすることが重要となります。

「前の会社も良かったが、もっと上を目指したいので、御社への転職を希望します」という意志を見せられるようにしましょう。

続いて、代表的な転職・退職理由を前向きな表現に変える具体的例を紹介していきます。

前の会社、人物を批判しない

退職理由で会社批判や人物批判をしてしまうと「嫌だから辞めた」という印象が残ります。

すると面接官は「入社してもまた同じ理由でまた転職するだろう」と考えて採用を躊躇するのです。

前の会社の不満を正直に話すのではなく、「応募企業ではできるが、前職ではできなかったこと」を軸に応募企業への志望動機に即した転職・退職理由を述べるようにしましょう。

会社都合の退職の場合

業績不振や倒産など、会社都合の退職でも自分に責任はないという態度を見せるのは良くありません。

会社都合の退職であっても、「それをポジティブに考え、これまでの経験を活かし、より頑張りたい」という気持ちを伝えましょう。

ネガティブな退職理由のポジティブ言い換え例

「やりたい仕事ができなかった」が転職理由の場合

「やりたい仕事ができなかった・自分に合った仕事がしたかった」が理由で転職をする場合、単に「やりたいことができませんできませんでした」と伝えただけでは、「そのためにも何の努力もしなかったの?」と返されるだけです。

そうではなくて、

「やりたい仕事が明確だったが、会社の一方的な都合でそれができず、やむを得ず転職に至った。そして御社で活躍したい。」

といったように志望動機につなげる形で言い換えると、ネガティブ印象が薄れます。

「自分に合った仕事ができなかった」

「今の仕事が自分に合っていない、だから転職をしたい」この場合、あくまで現職が自分に合っていないというべきではありません。

現職もいいけど、もっと自分の力を発揮できる環境でステップアップしたい、といったように言い換えると、成長意欲をアピールできポジティブに聞こえます。

【回答例】
「現職もやりがいを感じながら仕事に取り組んでおります。しかし、御社であれば○○という点で、さらに自分の力を発揮できると思っております。」

「給料が安い」

「成果や実績、会社への貢献度合いに見合った正当な評価を受けたい」

といったように言い換えると、「給料が低いので転職したい」と伝えるよりも、向上心や仕事へのやる気をアピールすることができ、ポジティブに聞こえます。

「労働時間が長い・休日出勤が多い・残業代が出ない」

明らかなブラック企業であったのであれば、それを伝えても印象が悪くなることはないでしょう。

むしろ「そんなひどい環境でよく頑張ってきた」と高評価を受ける場合もあります。逆に、「それぐらい当たり前でしょう。」と否定されたらその企業もブラックな待遇を強いるということです。

また明らかなブラック企業とは言えないけど、無駄な残業・休日出勤があるという場合は

「もっと生産性の高い合理的な職場で経験を積みたい」

といったように伝えると良いでしょう。成長意欲をアピールできます。

「上司と合わない」

ウザい、面倒くさい上司は、どの職場にいるものです。ストレートに「上司と合わなくて」と伝えたのでは「また同じ理由で辞めるだろう」ということで内定からは遠のくでしょう。

そうではなくて、

「個人戦よりはチームで成果を追及していく環境に身を置きたい」
「周囲との協力関係で仕事をしていくことを魅力に感じている」

といったように言い換えましょう。

「ノルマがきつい」

「自分が成長でき、会社に貢献できる目標を持って仕事に取り組みたい。」といったように伝えましょう。

他には

「現在も営業をしておりますが、単にノルマをこなすだけのではなく、計画、実行、検証、改善と、戦略をもった営業のスタイルを常々志しておりました。御社の募集内容を知り、御社でなら実現可能、と考え応募させて頂きました。」

このようにその会社で実現できることを具体的に述べた上で転職理由を述べるといいでしょう。

転職の不安や疑問は転職エージェントで解決できる

転職について不安や疑問があるなら転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを使えば、プロのキャリアアドバイザーに相談可能です。

また希望と適性にあった企業を紹介してくれたり、面接や職務経歴書のアドバイスをしてくれたりするので、転職活動がぐっと楽になります。

パソナキャリア 「正しい転職」を目指す大手総合転職エージェント。求人数が豊富。模擬面接や面接アドバイスなど面接対策が充実。
リクルートエージェント 利用者数トップクラス。約10万件の求人を保有するリクルートの転職エージェント。
doda 約10万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。とにかくたくさん求人を紹介してもらたいという方におすすめ。
※以下のページでは転職エージェントのメリットについて解説しています
転職エージェントを利用するメリットとデメリット
転職エージェントを使う7つのメリット・4つのデメリット全解説

転職について調べたときに必ずといっていいほど目にする転職エージェント。 そのサービス内容は何となくわかっていても、使うメリットやデメリットがよくわからず、利用をためらっている方もいると思います。 そこ ...

続きを見る

転職を成功に導く重要まとめ

企業を探す 1

「転職サイトの求人や企業ホームページからブラック企業を見抜きたい」 できれば入社前に、応募する前にブラック企業を見抜きたいものです。 しかしブラック企業は、たくみにホワイト企業を偽装するため、一目見た ...

便利な転職サイト 2

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

3

20代の転職サポートに強い 20代を対象とした求人が豊富にある ここでは、20代の方におすすめできる転職エージェントを厳選して紹介します。 おすすめの転職エージェントだけでなく、転職エージェントの選び ...

転職エージェントまとめ 4

転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介して ...

-退職・転職理由, 面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.