自己PR 面接対策

その志望動機はヤバい!面接官に響かないNG志望動機7つの例

更新日:

自己PR
一見、まともな志望理由であっても、しっかりとした説明を加えないと、面接官に全く響かないNGな志望理由があります。

ここではその具体的な例を7つ紹介します。

「まさにそれを言おうとしていた」というのがあった方は、最後に志望動機のポイントを記載しているので、参考にしてみてください。

NG志望動機7つの例

注意するべき志望動機

御社の事業内容に興味があって志望した

そもそも事業内容に興味がなかったら応募しません。わざわざ伝えなくても、応募している時点で興味があるのは当然のことです。

そのためどんな理由で、事業内容のどこに興味があるかまでしっかり伝えないと志望動機にはなりません。

その他「御社の将来性に期待して志望しました」「御社の製品に注目しております」といった志望動機も同じです。

人と接する仕事がしたくて志望した

対人業務はどんな仕事にもあります。

その仕事を通じて接する人々に対し、「自分の何をどう生かしたいのか」まで説明できないと志望動機の幼稚さや甘さを感じさせてしまいます。

「人の役に立つ仕事をしたいと思ったので」という志望理由も同様です。人の役に立たない仕事は存在しません。

以前から憧れていた業界なので志望した

憧れを抱くのは悪いことではありませんが、重要なのはその企業での自分の役割についての理解、考え方、能力の有無です。

その点をしっかりと言及できないと、仕事について理解の浅い応募者だと思われてしまいます。

「好きなブランドなので」「よく利用しているサービスなので」といったものも同様です。

御社で色々なことを学びたいと思って志望した

「御社で色々なことを学びたい」「勉強させていただきたい」といった志望理由です。

しかし職場は学校ではありません。

学ぶのではなく、自分の経験、スキルを生かして利益に貢献する場です。

それに自主的に勉強すること、仕事から学ぶことは当たり前。意欲をアピールするつもりでも逆効果になります。

未経験の仕事であっても、応募先の指導や教育訓練を期待するのではなく、自分なりに貢献できる点をアピールしなければいけません。

やる気だけは誰にも負けない自信があります

「やる気」があるのは当然の前提条件です。やる気のない人をわざわざ採用するほど、企業は優しい組織ではありません。

やる気だけでなく実際に何ができるのか、どのような点で企業に貢献できるのかを具体的に説明する必要があります。

これが説明できないと、ひとりよがりな無責任発言のように聞こえてしまいます。

やりがいのある仕事がしたくて志望した

「どんな仕事や環境であっても、自分の取り組み方、考え方次第でやりがいを見つけることは可能」

面接官がこのような価値観を持っている人であれば、「やりがいのある仕事がしたい」「本気になれる仕事がしたい」といった志望動機は効果的ではありません。

実際やりがいのないつまらない仕事はいくらでもありますが、「やりがい」を仕事内容や会社に求める他責的な人間だと思われる可能性があるのです。

「やりがい」よりは「こんなスキル・経験を生かせると思った」を志望理由にした方が良いでしょう。

新しいことにチャレンジしたくて志望した

「ステップアップのため」「キャリアを積みたい」などの要注意です。

「どういう分野で、何を取り組みたいのか」といった目標を明確にした上で、具体的にどのようなスキル・キャリアを鍛えていくのを説明しないと、マニュアル表現のようで印象が悪くなります。

志望動機を伝える際のポイント

志望動機のポイント
面接官は

「入社できればどこでもいいのではないか?」
「仕事内容も応募条件も似たような求人が無数にあるなかで、どうしてこの会社を志望したのか?」
「仕事に対する基本的な理解はできているか?」

これらの疑問を確かめるために志望動機を聞きます。

ここまで紹介した7つの例にあてはまっている場合でも、しっかりとした説明を付け加えれば、面接を納得させることができるでしょう。

面接官の本音から逆算した上で志望動機を練り直してみてください。

また、自分の志望動機に自信がない場合は転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
面接質問集
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント

面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介しま ...

続きを見る

さらに徹底的に面接対策をしたい方におすすめの転職サービス

「面接になかなか通過しない」「自己PRの仕方がいまいちよくわからない」という場合、面接対策そのものが間違っている場合もあります。たとえば、アピールすべきことを伝え忘れていたり、逆にアピールすべきではないネガティブなことをアピールしていたり。

もしくは自分で気付いていない面接時のマナーや態度、しゃべり方が問題で不採用になっている場合も。

面接対策は自分一人で行うには限界があります。転職サービスをうまく活用し、面接がうまく行かない理由を明確に把握し、改善を行うべきです。

以下に、さらに徹底的に面接対策をしたい方におすすめの転職サービスを紹介します。どれも無料なので、不安な方は活用するようにしましょう。

転職エージェントを使ってプロのキャリアアドバイザーから面接対策を受ける

転職エージェントというサービスを利用すると、プロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえます。場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

特に「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

グッドポイント診断(リクナビ) で自身の強みを正確に把握する

「リクナビNEXT」のグッドポイント診断を行うと、自分の強みを客観的に把握できるので、面接でアピール材料となる自身の強みがわかります。

どんなスキル、経験をアピールすればいいのかわからない、自己PRの仕方がわからないという方におすすめです。

面接力向上セミナー で面接対策を学ぶ

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

キャリコネ で面接の情報を得る

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

転職を成功に導く重要まとめ

企業を探す 1

「転職サイトの求人や企業ホームページからブラック企業を見抜きたい」 できれば入社前に、応募する前にブラック企業を見抜きたいものです。 しかしブラック企業は、たくみにホワイト企業を偽装するため、一目見た ...

便利な転職サイト 2

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

3

20代の転職サポートに強い 20代を対象とした求人が豊富にある ここでは、20代の方におすすめできる転職エージェントを厳選して紹介します。 おすすめの転職エージェントだけでなく、転職エージェントの選び ...

転職エージェントまとめ 4

転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介して ...

-自己PR, 面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.