その志望動機はヤバい!面接官に響かないNG志望動機7つの例

自己PR

一見、まともな志望動機であっても、考え込まれた志望動機であっても、面接官にまったく響かない場合があります。

いったいどんな志望動機なのか?

ここではその具体的な例を7つ紹介します。

スポンサーリンク

NG志望動機7つの例

注意するべき志望動機

NG例1:御社の事業内容に興味があって志望しました

そもそも事業内容に興味がなかったら応募しません。

わざわざ伝えなくても、応募している時点で興味があるのは当然のこと。

「御社の事業内容に興味がある」だけではまったく志望動機にはなりません。

事業内容のどこに興味があるかまでしっかり伝えるようにしましょう。

その他「御社の将来性に期待して志望しました」「御社の製品に注目しております」といった志望動機も同じく、響かない志望動機です。

NG例2:人と接する仕事がしたくて志望しました

対人業務はどんな仕事にもあります。人と接しない仕事などほとんど存在しません。

「人と接する仕事がしたい」というのは恐らく、「お客様に、直接かかわれる仕事がしたい」ということだと思います。

まずはそのように訂正しましょう。

その上で、「接客業務で、自分のスキルや経験をどう生かすのか?」といったことまで説明するようにしましょう。

「人の役に立つ仕事をしたいと思ったので」という志望理由も同様です。

人の役に立たない仕事は存在しません。別の志望動機を考えるようにしましょう。

NG例3:以前から憧れていた業界なので志望しました

憧れを抱くのは悪いことではありません。しかし、企業が求めているのは、利益に貢献してくれる人です。憧れを抱いている人ではありません。

憧れだけでなく、どのように結果を出すのか、利益に貢献するのか、が伝わる志望動機でなければいけません。

「好きなブランドなので」「よく利用しているサービスなので」といったものも同様です。

NG例4:御社で色々なことを学びたいと思い志望しました

「御社で色々なことを学びたい」「勉強させていただきたい」といった志望動機は、幼稚、学生気分が抜けていないと判断されます。

会社は学校ではありません。スキルや経験は社員が勝手に身につけていくもの。会社が与えるものではありません。

未経験の仕事であっても同様。応募先の指導や教育訓練を期待するのではなく、自分なりに貢献できる点をアピールしましょう。

NG例5:やる気だけは誰にも負けない自信があります

「やる気」があるのは当然の条件です。「やる気」があるのは当たり前であり、それをわざわざアピールしても、評価は得られません。

「やる気」だけでなく、「実際に何ができるのか?」「どのような点で企業に貢献できるのか?」を具体的に説明する必要があります。

これが説明できないと、ひとりよがりな無責任発言となります。

NG例6:やりがいのある仕事がしたくて志望しました

「どんな仕事や環境であっても、自分の取り組み方、考え方次第でやりがいを見つけることは可能」

面接官がこのような価値観を持っている人であれば、「やりがいのある仕事がしたい」「本気になれる仕事がしたい」といった志望動機はNGです。

実際やりがいのないつまらない仕事はいくらでもありますが、「やりがい」を仕事内容や会社に求める他責的な人間だと思われる可能性があるのです。

「やりがい」よりは「こんなスキル・経験を生かせると思った」を志望理由にした方が良いでしょう。

NG例7:新しいことにチャレンジしたくて志望しました

「ステップアップのため」「キャリアを積みたい」などは、要注意です。

漠然と「新しいこと」といってしまうと、目標やキャリアプランが明確ではないことが露呈してしまいます。

転職の目的や計画性がない人間だと判断されてしまいます。

「どういう分野で、何を取り組みたいのか」といった目標を明確にした上で、具体的にどのようなスキル・キャリアを鍛えていくのを説明しましょう。

志望動機を伝える際のポイント

志望動機のポイント

面接官は、

「入社できればどこでもいいのではないか?」
「仕事内容も応募条件も似たような求人が無数にあるなかで、どうしてこの会社を志望したのか?」
「仕事に対する基本的な理解はできているか?」

これらの疑問を確かめるために志望動機を聞きます。

ここまで紹介した7つのNG例にあてはまっている場合でも、しっかり説明を付け加えれば、面接を納得させることができるでしょう。

面接官の本音から逆算した上で志望動機を練り直してみてください。

※その他参考記事

これだけは注意したい!志望動機を作成する際に最低限注意すべき4つのこと
志望動機を作成する際の注意点について、 これだけは最低限注意したいというものを4つ紹介します。 志望動機はほぼ必ず、答えることになるものです。また採否を大きく左右する設問でもあるので、時間をかけてしっかり考えるように...

さいごに:転職エージェントを使って志望動機のアドバイスをもらう

転職エージェント
志望動機に不安がある方、転職活動に不安がある方は、転職エージェントを利用しましょう。

プロのキャリアアドバイザーが無料で、志望動機の作り方を教えてくれたり、企業選びや志望動機作成に必要な、企業の情報も教えてくれたりします。

また応募するときは企業に推薦してくれるので、選考に通過しやすくなります。転職に不安や疑問がある方は、必ず利用するようにしましょう。

パソナキャリア転職エージェント顧客満足度ランキングで1位になった実績がある転職エージェント。約4万件という豊富な求人を持ちながら、サポートも親身。迷ったらパソナキャリアとえるほど、充実している転職エージェント。
マイナビジョブ20'sマイナビの20代専門転職エージェント。信頼性の高い適性診断を受けることでやりたい仕事・適職がわかる。
doda約10万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。とにかくたくさん求人を紹介してもらたいという方におすすめ。
【保存版】転職エージェント全25社の特徴を一覧でまとめて紹介
転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。ここでは20社以上の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介してまとめました。※「転職エージェント多す...