「苦手な人、合わない人とはどのように接しますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職面接 質問と回答

「苦手な人、合わない人とはどのように接しますか?」

この質問は、プロ意識を持って仕事に取り組んでいるか、社会人として適性があるかを確認するためです。

どのような職場であれ苦手な人・合わない人は存在するものです。

そういった避けられない生涯にどう対処するのか、どう向かっていくかを、苦手な人・合わない人への対処の仕方から確認するのです。

答え方のポイント

「接しない・避ける」といった回答はNG

「嫌な人、合わない人がいたら、接しないようにします」といった回答は当然NGです。

「嫌なことがあったらすぐに逃げる人」
「人間関係の問題で仕事に支障をきたす人」

といったネガティブな判断をされます。

「自社に損害を与える可能性がある」「すぐに辞める」と判断され不採用になります。

逃げずに向き合うことをアピールする

企業側は、苦手な相手に対して「決して逃げない、避けない」という確固たる覚悟を求めています。

面接官が40代~50代の人であれば、「最近の若者は忍耐力が足りないのではないか」という疑いがあるので、なおさらその傾向が強くなります。

面接では、苦手ない相手がいても、逃げずに向き合っていく覚悟をしっかりと語れるようにしましょう。

また面接官は、

「仕事に対して具体的にどのような考えを持っているか?」
「どのような姿勢、心構えで仕事に臨んでいるか?」

これらについても知りたいと思っているので、この点にも言及できるさらに好印象です。

回答例

私は苦手な相手に対しても積極的に挨拶をしたり、話しかけたりして、相手との距離を少しで縮められるようにしています。

苦手な相手が原因で仕事に支障ができるようなことがあっては、ビジネスマンとして失格だと思っております。

やはり、お金をもらって仕事をしている以上、企業の利益のために、苦手な相手ともしっかりと向き合っていくのがプロフェッショナルです。

また、苦手意識を持って接してしまうと、同じように相手からも苦手意識を持たれる場合もあるので、お互いのためにも、私は苦手な相手であっても積極的に接するようにしています。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ
ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。 各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。 あなた自身に関する質問 今後のキャリアプランについて教えてください ...