質問と答え方 面接対策

「苦手な人、合わない人とはどのように接しますか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

更新日:

転職面接 質問と回答
どんな場所にいっても合わない人は存在します。プライベートであればその人と距離を置くことで対処できますが、仕事となるとそうはいきません。

「苦手な人、合わない人とはどのように接しますか?」

この質問は、応募者の、苦手な人、合わない人への対処や心構え確認することによって、社会人として仕事に対するプロ意識があるかを判断するためのものです。


▼企業の口コミ・裏情報をみられる▼

回答のポイント

「接しない・避ける」といった回答はNG

「嫌な人、合わない人がいたら、接しないようにします」といった回答は当然NGです。

「嫌なことがあったらすぐに逃げる人」「人間関係の問題で仕事に支障をきたす人」と思われ、「自社に損害を与える可能性がある」「すぐに辞める」と判断され不採用となるでしょう。

逃げずに向き合うことをアピールする

面接官は苦手な相手に対して、決して逃げない、避けないといった確固たる覚悟を聞きたいと思っています。面接官が40代~50代の人であれば、「最近の若者は忍耐力が足りないのではないか」と勘ぐって見てくるので、「苦手ない相手がいても、逃げずに向き合っていく覚悟」をしっかりと語れるようにしましょう。

さらに面接官は、応募者自身が社会人として、仕事に対して具体的にどのように向き合っているか、どのような姿勢、心構えで臨んでいるか、といったことについても知りたいと思っていますので、この点にも言及できるといいでしょう。

回答例

私は苦手な相手に対しても積極的に挨拶をしたり、話しかけたりして、相手との距離を少しで縮められるようにしています。

苦手な相手が原因で仕事に支障ができるようなことがあっては、ビジネスマンとして失格だと思っております。

やはり、お金をもらって仕事をしている以上、企業の利益のために、苦手な相手ともしっかりと向き合っていくのがプロフェッショナルです。

また、苦手意識を持って接してしまうと、同じように相手からも苦手意識を持たれる場合もあるので、お互いのためにも、私は苦手な相手であっても積極的に接するようにしています。

よく読まれている記事

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

3

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-質問と答え方, 面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.