面接対策

【人間関係が理由で転職】面接での退職理由・志望動機の伝え方

更新日:

面接・話し方のコツ
上司が合わない、同僚と合わないなど、職場の人間関係は数ある転職理由のなかでもトップです。

しかし、「どこにいっても苦手な人は存在する」という意見があるため、面接で人間関係が理由であることを正直にいっていいものなのか、大変悩ましいものです。

そこでここでは人間関係が理由の転職における、退職理由と志望動機の伝え方について解説します。

退職理由の伝え方

正直に話すのが一番

「上司と合わなくて……」などと、人間関係が理由であることを正直に話すと「協調性がない」「嫌なことから逃げる人」という印象を与えるのではないかつ不安になるものです。

しかし、転職先で同じ問題を抱えたくないのであれば、正直に話して自分を理解してもらえることが大切です。

逆に全く別の退職理由を回答しても、自己PRや志望動機などと矛盾が生じるリスクがあります。嘘がバレれば不採用は避けられません。であるならば正直に答えて自分を理解してくれる企業に転職する方がいいでしょう。

ただし、伝え方を工夫する必要があります。

何が合わなかったのかを具体的に説明する

「人間関係が悪く……」などと話しても、それが上司との関係なのか、同僚との関係なのか、評価方法の問題なのか、聞いた側は分かりません。そのため人間関係という抽象的な言葉を使うべきではありません。

退職理由を説明する時は、

「上司との考え方の違いに悩まされていた」
「年功序列が強く残っており、上司に意見を言っても全く聞いてもらえない」
「明らかに自分より成果が下の社員が昇進した」

など具体的な言葉で説明するようにしましょう。

他人に責任を押し付けるような発言はしない

「上司が悪い」「社内の人間関係に関心がない会社が悪い」など、自分は悪くないという趣旨の発言はしないようにしましょう。

面接官は謙虚で自責の念がある人が好きです。

100%他人の責任であっても、「自分にも至らない点があった」「もっとこうするべきだった」という話も盛り込むようにしましょう。

【回答例】
上司の考え方の違いに悩まされまして、退職を決意しました。

上司は、仕事の結果は関係なく、同じ出身大学の社員や趣味が同じ社員、価値観が同じ社員をかわいがるような人で、私はその上司と共通点が少なかったため毎日怒られていました。今思えば、もう少しこちらから趣味を合わせたり、話を合わせたりするべきでしたが、今から溝を埋めるのは厳しく退職を決意しました。

志望動機の伝え方

退職理由と矛盾しないように語る

志望動機で大切なのは、退職理由と矛盾しないことです。

例えば、「上司が自分を正当に評価してくれない」と話したにもかかわらず、「スキルアップできると思ったので」と志望動機を語っても、面接官は納得できません。

「上司が自分を正当に評価してくれない」ならば、「御社は成果を正当に評価する会社だと知ったので」と語れば退職理由と矛盾しません。

企業理念や社風に言及する

企業理念や社風に言及すれば、人間関係の退職理由と矛盾しにくい志望動機を語れます。

例えば、「周りを陥れようとする社員ばかりで嫌気がさした」という退職理由の場合、「御社は協力を大切にしていることが分かったので志望しました」といったように。

また先の例の「上司が自分を正当に評価してくれない」ならば、「御社は成果を正当に評価する会社であると知ったので」こちらも社風について言及しています

面接で確かめておくべきこと

面接官の雰囲気、人間性をチェックする

面接官を務めるのは社長であったり、募集している職種の上長だったりします。

社長であれば、その人柄や人間性を見れば会社の社風や価値観を確かめることができます。特に社員の少ない企業では、社長の価値観がそのまま職場の雰囲気に現れていたり、出世する人が社長と似た価値観を持った人だったりということがあります。

また募集している職種の上長が面接官を務めることもあります。これはつまり入社した際、上司になる人ということです。上司を生で確かめられる絶好の機会なので、発言や表情、雰囲気、考え方などを分析し、自分に合うかどうか確かめておくようにしましょう。

異動しやすいかどうかを聞いておく

希望を出せせば異動できるような職場であれば、入社してまた相性の悪い人と仕事をすることになっても、異動によって解決できます。

もしくは相性の合わない人が異動する可能性も高くなります。

逆に社員の希望で異動ができないような会社だと、また相性の悪い人がいた場合、我慢する、もしくは転職を繰り返すという面倒なことをしなければいけません。

質問する際は、「御社では異動の希望は出せるのでしょうか?」と質問するようにしましょう。

「はい、極力社員の希望を尊重するようにしています」という回答であれば、転職先で苦手な人と一緒になっても逃げ道があるということです。

転職の不安や疑問は転職エージェントで解決できる

転職について不安や疑問があるなら転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを使えば、プロのキャリアアドバイザーに転職について相談可能です。

さらに希望と適性にあった企業を紹介してくれたり、面接や職務経歴書のアドバイスをしてくれたりするので、転職活動がぐっと楽になります。

※代表的な転職エージェント

  • マイナビAGENT (20代、第二新卒の転職支援に強み
  • パソナキャリア (年収アップ率67%以上、利用者満足度が高い)
  • DODA (10万件以上の求人がある大手総合転職エージェント)

その他以下のページでは転職エージェントをまとめているので参考にしていただければと思います。

【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介!

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

続きを見る

転職を成功に導く重要まとめ

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職活動を始める際、最初に行うことといえば転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサイ ...

3

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.