会社の人間関係の悩み・人間関係のストレスを解決する方法3つ

仕事で悩む

上司とうまくいかない。
仲のいい同僚がいない。
社内で孤立している。

会社の人間関係の悩みは多くのビジネスパーソンが抱える問題です。どうすれば人間関係の悩みを解決できるのでしょうか?

3つの方法を紹介します。

方法1:会社で満足できる人間関係は築けないと考える

転職しようか悩む

尊敬できる上司、仲のいい同僚。理想的な人間関係に憧れる気持ちもあると思います。

しかし実際に理想的な人間関係を築けるとは限りません。

むしろ理想的とはかけ離れた、ストレスフルな人間関係になってしまうものです。しかしそれが悪いわけではありません。

むしろ会社の人間関係はストレスフルなのが当たり前ともいえます。

「満足できる人間関係は不可能」と割り切る

そもそもどんな人が上司、先輩、同僚になるかはあなたが決められることではありません。すべて運です。

上司、先輩、同僚のすべてが運で決まる以上、会社の人間関係で問題を抱えるのはごく自然なこと。

「満足できる人間関係を築きたい」などと考えても仕方がないこと。無理に仲良くする必要もありません。

むしろ「会社の人間関係なんて良くないのが当たり前」「ストレスがあるのが当たり前」といったように割り切るようにしましょう。

そうすれば、会社の人間関係でストレスを溜めることもないでしょう。

方法2:仲のいい同僚はいなくて当たり前と考える

仲のいい同僚はいなくて当たり前

仲のいい同僚がいない。
嫌がらせやいじめがあるわけではないけど社内で孤立している。

そんな人間関係の悩みもあると思います。

結論からいえば仲のいい同僚がいなくても気にする必要はありません。

仲のいい同僚がいないほうが自然

「仲のいい同僚がいるのが当たり前」という思い込みを持っていませんか?

その思い込みは完全に間違っています。

私たちは小さいときから親や先生、世間から「友達は多い方がいい」「友達がいるのが当たり前」という洗脳を受けてきました。

その考えを会社にまで適当してしまうから、「仲のいい同僚がいない……」などと悩むのです。

会社は仕事をするための場所です。

休日に遊びにいったり、仕事の終わりに食事ができるような人を探す場ではありません。

もちろん、たまたま気が合う人が見つかる場合もありますが、会社のように選べない人間関係のなかでは「気が合う同僚が1人もいない」というのも自然なこと。

「仲のいい同僚ができるほうが珍しい」
「仲のいい同僚はいないのが当たり前」

といったように割り切るようにしましょう。その方がストレスもなく済みます。

本当に気が合う人は、何も意識しなくても気が合う

そもそも誰かと仲良くなるときは、とくに意識しなくても仲良くなるもの。

高校や大学、その他の場面でも仲良くなる人は自然と仲良くなってきたはず。

同じ会社の人間、同僚だからといって、仲良くなれそうな人を探したり、無理に誰かと仲良くしたりする必要はないのです。

とくに会社は仕事をすることが目的の場です。仲のいい同僚がいなくても仕事は回るはず。

方法3:社外の人間関係に注力する

社外の人間関係に注力する
社会人になると仕事は生活の大変を占めるようになります。

そのせいか社内の人間関係にばかり気を取られるようになり、いい人間関係が築けないと、それが大きなストレスとなることも。

社内の人間関係は会社を辞めたら意味がなくなる

しかし、社内の人間関係はあなたが会社を退職すればそれで終わってしまう、きわめて限定的なもの。

努力して良好な人間関係を築いたとしても、あなたが退職すればその時点で人間関係は意味がなくなります。

社内の人間関係は、その会社に所属しているときのみ適用される限定的もの。

もちろん退職しても関係が継続するような気が合う人を見つけられる人もいます。しかしそれこそまさに運。

あなたの努力でどうにかなる問題ではありません。

会社でしか通用しない限定的な人間関係にとらわれてはいけません。本当に重視すべきは社外の人間関係です。

社外の人はあなたが会社を辞めても力になってくれる

社外の人はあなたがどこの会社にいようが力になってくれる人です。

たとえば大学の同期はあなたがどこの会社にいようが仲良くしてくれるはず。

他にも趣味で知り合った他社の人がいるならその人を大切にするべき。

同じ会社の人間と飲みにいくのもいいですが、月に1度くらいは社外の人とも接するようにしましょう。

他社の人と接する機会を持つことで、自分の会社のことを客観的に見つけられるようになります。

すると社内の人間関係の問題や悩みも気にならなくなるでしょう。

また社外の人と繋がりを持っておけば、いざという時に仕事を紹介してくれる可能性もあります。

本当の困ったときに助けてくれるのは社外の人です。会社という狭い世界だけを見るのではなく、社外にも視野をひろげるようにしましょう。

終わりに:挨拶だけは忘れずにしておく

挨拶だけは忘れずに
雑談に付き合ったり、愛想笑いしたり、ランチに誘ったり、無理に社内の人と仲良くする必要はありません。

ただし挨拶だけはしっかりしておきましょう。

挨拶は社会人の常識です。挨拶がないと、傍からみていても印象が悪いですし、相手からすれば敵意をむき出しているように思われてしまいます。評価に影響したり、仕事を進めるうで支障が出ることも。

とりあえず挨拶だけきちんとしておけば、余計な問題を増やさずに済みます。仕事を進めるうえで人間関係が大きな問題になることもないでしょう。

挨拶だけはしっかりしておきましょう。