筆記試験対策はしておくべきか? 筆記試験では何を見られているのか?

転職先の情報

中途採用では、履歴書・職務経歴書と数回にわたる面接で採用の可否が決定するため、筆記試験を実施する企業はほとんどありません。

しかし時々、面接と同時に筆記試験実施する企業があります。

もし筆記試験がある場合、筆記試験の対策はしておくべきなのでしょうか?

結論からいうなら、筆記があるなら対策をしておくべきです。

筆記試験の対策はしておくべき

職務経歴書のかきかた

募集要項に筆記試験を実施する旨が書かれているのであれば、しっかりと対策をしておくべきでしょう。

少し時間をとって勉強しておくだけで、点数を上げることができるのですから、やらない手はありません。

筆記試験があるかどうかわからないなら無理に対策する必要はない

しかし、とくに何も書かれておらず、筆記試験があるかどうかわからないというなら、時間をつくって対策する必要はないでしょう。

転職において筆記試験はそれほど重要なものではありません。

面接対策や企業研究に時間を使うほうが効果的です。

なぜ筆記試験は行われるのか?

なぜ中途採用でも筆記試験が行われる場合があるのでしょうか。

その理由について解説します。

筆記試験は社会人としての基礎や常識を測るため

筆記試験でとくに多いのは、漢字の読み書きや計算、時事問題などを問う一般常識です。

これは難しいものではなく、社会人としての常識的な基準をクリアしているかを参考程度に測るものです。

筆記試験の結果は、採用の可否を決定する根拠にするのではなく、面接での判定結果を補完するためのものだと思っておいていいでしょう。

極端に悪い結果でなければ、不採用となることはありません。社会人としての基礎知識を身につけていれば、問題ないでしょう。

転職エージェントを使ってプロにアドバイスをもらう

転職について不安や疑問があるなら転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを使えば、プロのキャリアアドバイザーに転職について相談可能です。

さらに希望と適性にあった企業を紹介してくれたり、面接や職務経歴書のアドバイスをしてくれたりするので、転職活動がぐっと楽になります。

※以下のページでは転職エージェントを特徴別に一覧で紹介しています。

【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介
転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介してまとめました。 気になる...