面接対策

面接官が話している内容が理解できなかった時の対応方法・印象を悪くしない聞き返し方

更新日:

話の内容が分からない
面接官の質問や話をしっかりと聞いていても、面接官の話し方が悪かったり、話の組み立て方が下手だったりする場合があります。

とくに中途採用では面接に慣れていない現場社員が面接官を勤めることもあるので、そういったケースは十分にあります。

では、面接官が話している内容が理解できなかった、聞こえなかったとき、どのように対応するベストなのでしょうか。

対応方法・印象を悪くしない聞き返し方

面接での第一印象
面接官の話している内容が理解できなかった時は

「申し訳ありません。お話に聞き取れなかった部分がありました。大変恐縮ですが、もう一度おっしゃっていただけないでしょうか」
「こちらの勉強不足で質問の意味が分からない箇所がありました。恐れ入りますが、もう一度おっしゃっていただけないでしょうか」

といったように聞き返すようにしましょう。

ただし面接官が話しをさえぎるように聞き返すのは絶対にNGです。

必ず面接官が話し終わったタイミングで分からなかった部分を聞き返すようにしましょう。

ポイントは以下の2点です。

  • 分からなかったことを正直に伝える
  • 失礼のないよう配慮した上で聞き返す

わからなかったことを正直に伝える

まず「申し訳ありません。お話に分からない部分がありました」と正直に伝えましょう。

分かったふりをして答えたり、内容や意味がわからないまま何も答えないよりは正直に話した方が、印象が良いです。

失礼のないよう配慮した上で聞き返す

聞き返す際に、「申し訳ありません」「恐縮ですが」といった言葉で、失礼のない聞き方をしましょう。

こちら側が至らなかったために話しを理解できないかったことにして、もう一度話してくれるようにお願いすることが大切です。

聞き方に注意すれば分からなかったことがあったとしても、減点されることはありません。

NGな対応例

ハローワークは利用するな

分からないまま回答をするのはNG

分からないことをそのままにして面接を進めるのは絶対にNGです。

質問の内容を自分で勝手に解釈しても、的外れな回答をしてあなたの印象が悪くなるだけです。

「今の話は聞き取れませんでした」と聞き返すのはNG

だからといって「今の話は聞き取れませんでした」と正直に伝えるのもあまり印象が良くありません。

「こちらの話を聞いていなかったのか」「人の話を理解していないのか」と思われてしまいます。

「それは○○ということでしょうか」と復唱するように確認するのはNG

面接官の話を復唱することで「今の話を聞いていなかった」と誤解されるリスクを回避するのも手段の一つです。

しかし「それは○○のこと」とこちらで勝手に解釈すると、やはり的外れな解釈になってしまう可能性もあります。

そのため面接官の話を復唱するのもできれば避けたほうがいいでしょう。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
面接質問集
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント

面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介しま ...

続きを見る

さらに徹底的に面接対策をしたい方におすすめの転職サービス

「面接になかなか通過しない」「自己PRの仕方がいまいちよくわからない」という場合、面接対策そのものが間違っている場合もあります。たとえば、アピールすべきことを伝え忘れていたり、逆にアピールすべきではないネガティブなことをアピールしていたり。

もしくは自分で気付いていない面接時のマナーや態度、しゃべり方が問題で不採用になっている場合も。

面接対策は自分一人で行うには限界があります。転職サービスをうまく活用し、面接がうまく行かない理由を明確に把握し、改善を行うべきです。

以下に、さらに徹底的に面接対策をしたい方におすすめの転職サービスを紹介します。どれも無料なので、不安な方は活用するようにしましょう。

転職エージェントを使ってプロのキャリアアドバイザーから面接対策を受ける

転職エージェントというサービスを利用すると、プロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえます。場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

特に「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

グッドポイント診断(リクナビ) で自身の強みを正確に把握する

「リクナビNEXT」のグッドポイント診断を行うと、自分の強みを客観的に把握できるので、面接でアピール材料となる自身の強みがわかります。

どんなスキル、経験をアピールすればいいのかわからない、自己PRの仕方がわからないという方におすすめです。

面接力向上セミナー で面接対策を学ぶ

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

キャリコネ で面接の情報を得る

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

転職を成功に導く重要まとめ

企業を探す 1

「転職サイトの求人や企業ホームページからブラック企業を見抜きたい」 できれば入社前に、応募する前にブラック企業を見抜きたいものです。 しかしブラック企業は、たくみにホワイト企業を偽装するため、一目見た ...

便利な転職サイト 2

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

3

20代の転職サポートに強い 20代を対象とした求人が豊富にある ここでは、20代の方におすすめできる転職エージェントを厳選して紹介します。 おすすめの転職エージェントだけでなく、転職エージェントの選び ...

転職エージェントまとめ 4

転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介して ...

-面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.