入社前と入社後のギャップは必ずあると構えておく!転職先に期待しすぎないことが大切

転職後の絶望
転職先の情報収集をしっかりとしておき、自分の期待と転職先のギャップは極力、小さくしなければいけません。

しかし、どれだけ綿密に情報収集をしても、ギャップをゼロにすることは不可能です。

やはり入社してみて、初めて理解できることがたくさんあります。

大切なのは、ある程度、ギャップはあるものだと初めから構えておき、あまり大きな期待をかけすぎないことです。

ある程度、期待とのギャップはあるものだと考えておく

転職における期待が裏切られると失望に変わりますが、この失望が大きいのは望ましいことではありません。

しかし、職場の人間関係については、どれだけ事前に情報収集をしていても、面接時に説明を受けていたとしても企業の本当の姿は分かりません。

合うか合わないかは人それぞれ感じるものが違います。

「何か期待外れのことがある」「予測できないことがある」という心構えを持ちましょう。

期待通りのこと、期待以上のことがあれば、ラッキーだと思えるくらいだと精神的に楽になるはずです。

採用条件の食い違いは別問題

口止めをしない
賃金や労働時間、休日出勤、残業、福利厚生など採用条件に関するギャップは別問題です。

就業場所、業務、始業・終業時刻、残業、賃金、などが事前に提示されていた内容と違う場合、これはただのブラック企業です。

既に入社してしまっている場合は、退職するか、公的機関に相談するしか方法がありません。

労働条件通知書や労働契約書等の労働契約の内容を記載した書面だけは入社前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

採用条件については、エージェントを利用していれば、エージェントが代わりに確認してくれますし、また条件の交渉なども行ってくれます。不安な方は絶対にエージェントを利用した方がいいでしょう。