最終の社長・役員面接を突破するために注意すべきこと

社長・役員面接

最終の社長・役員面接を突破するには、どんなことに注意をすればいいのか?

それを知るためには、まず社長・役員面接の2つのパターンを知る必要があります。

ここでは、まず前述の2つのパターンを解説。そのうえで、各パターンの注意点、突破のポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

社長・役員面接には2つのパターンがある

社長・役員面接には以下の2つのパターンがあります。

  1. 社長・役員との顔合わせ
  2. 経営者の立場から採否を判断する

どちらのパターンかは、本番までわかりませんので、どちらの場合でも対処できるように準備しておきましょう。

それでは、2つのパターンの注意点や突破のポイントを解説します。

「ほぼ内定が確定しており社長・役員との顔合わせ」の場合

ほぼ内定が確定しており、あとは社員・役員と顔合わせをするだけという場合です。

このパターンでは、柔らかい雰囲気の面接だったり、単なる雑談で面接が終了したりすることも。

ただし、内定が確定しているとはいえ油断は禁物です。

注意点1:不採用になる可能性もある

ほぼ内定が確定しているとは、面接は面接です。

発言や態度で、面接官の機嫌を損ねれば、不採用になる可能性は十分にあります。

どれだけ面接が柔らかい雰囲気でも、面接官がフランクに接してきても、気を抜かないように注意しましょう。

言葉づかいやマナーにだけは、注意しましょう。

注意点2:志望動機や転職理由なども復習しておく

具体的な対策としては、志望動機や転職理由、自己PRを復習すること。

雑談ばかりの面接かもしれませんが、あらためて志望動機や転職理由を質問される場合もあります。

前回の面接と回答が食い違うことがないよう、しっかり復習しておきましょう。

【経営者の立場から採否を判断する】パターンの場合

社長・役員が直々に採否を判断するパターンです。

会社のトップが採否を判断するわけですから、もっとも基準が厳しくなります。

質問内容は基本的に、自己PRや志望動機、転職理由など、それまでの面接と同じです。

注意点1:前回の面接とまったく同じ回答はしない

ただし、まったく同じ回答は避けるべきです。

なぜなら面接官は、前回の面接で話したい内容をまとめた資料を持っているからです。

同じ回答をしていることがバレる可能性があり、印象が悪くなります。

注意点2:前回の面接で話していないことを付け足す

回答するときは、前回の面接で話していないことも少し付け加えて話すようにしましょう。

前回の面接で得た情報に言及したり、会った社員、オフィスの様子などに言及したりすると、簡単にプラスの要素を加えることができます。

たとえば以下のように。

「前回の面接で、○○ということを伺い、さらに御社に入社したい気持ちが強まりました」
「前回お会いした○○さんの要素を見て、さらに入社したい気持ちが強くなりました」

また、回答するときは、

「前の面接で話した内容と重複する部分もあるかもしれませんが、ご容赦ください」

と前置きすると、印象がいいです。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 あなた自身に...