【伸びる業界を知りたい】成長業界を見つける3つの方法

成長業界

成長業界に転職したいけど、成長業界ってどうやって探せばいいのかわからない

衰退していく業界よりは、成長業界に転職したいものです。しかし、成長業界はどうやって見分ければいいのかわかりませんよね。

そこでここでは、成長産業を見つける3つの方法を紹介します。

最後に具体的な成長業界についても紹介しているので、参考にしていただければと思います。

成長業界を見つける3つの方法

成長している業界を探す
成長業界を見つける方法は以下の3つです。

  1. 複数のベンチャー企業が参入しているかを調べる
  2. 求人がたくさんある業界を調べる
  3. 転職エージェントに成長産業を聞く

この3つについて具体的に解説していきます。

複数のベンチャー企業が参入しているかを調べる

ベンチャーがどんどん参入している業界は、成長業界・産業といえます。

資金力とマンパワーが劣るベンチャー企業の生存戦略は、発展途上の業界・産業をいち早く見つけて先行者利益を獲得すること。

世の中の流れをいち早く読み、大手がまだ目をつけていない業界・産業に乗り込むのです。

つまり、ベンチャー企業が多数参加している・参加し始めている業界・産業は成長途中といえます。

一昔前であれば、仮想通貨業界がまさにそう。どんどん新しい業者が参入。のちに大企業やメガベンチャー参入するという流れで成長している産業でした。(法規制や流出事件で下火になってしまいましたが)

ベンチャーが参入している産業を調べる方法

ベンチャー企業が複数参入している業界はどうやって探せばいいのか?

具体的には次の2つの方法があります。

  • 「○○業界 ベンチャー企業」で検索する
  • 転職サイトでベンチャーを検索する

この方法でベンチャー企業を調べていき、設立年数が若い会社がたくさんあれば、成長中の業界・産業と判断できます。

求人がたくさんある業界を調べる

求人がたくさんあるということは、その業界が成長中であり人手不足の状態ということ。

たとえば「成長中につき急募」「大量採用中」「未経験歓迎」といった企業がたくさんあるのであれば、成長中の業界・産業である可能性が高いです。

リクナビやマイナビなどの転職サイトで業界別に求人数をチェックしてみましょう。業界によって求人の数に圧倒的な差があるはずです。

また求人が少ない業界、採用枠1人程度で経験者のみ募集という求人が多いという場合、成長中とはいえません。

空いたポジションを埋めるため求人がほとんどであり、現状維持を続けている業界だと判断できます。

転職エージェントに成長産業を聞く

転職エージェントは多くの会社の人事部とつながりがあり、業界の事情や企業の事情について最先端の情報を持っています。

「○○業界で最近求人依頼が増えている」
「○○の経験を持った人材の需要が増えている」

など、成長中の業界・産業、今後伸びる可能性が高い業界・産業について、詳しく教えてもらえます。

またあなたが持っている経験やキャリアに合わせて、「こんな業界がいいのではないか」といったように最適な業界を提案してもらえることも。

成長業界・産業をあれこれ調べるのが面倒な場合は、手っ取りはやく転職エージェントに聞くという方法もあります。

転職エージェントの一例

【保存版】転職エージェント全25社の特徴を一覧でまとめて紹介
転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。ここでは20社以上の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介してまとめました。※「転職エージェント多す...

これが成長業界だ! 2019年の成長業界の一例

成長している会社

IT業界

IT業界といってもさまざまですが、AI、IOT、ブロックチェーンに関連する業界は全般的に成長中だといえます。

大企業も続々参入している業界ではありますが、未開発の部分をついてベンチャー企業もどんどん参入。まさに成長途上の分野といえます。

ほかにも、スマートフォンやタブレット端末の普及でインターネット広告業界が成長ですネット広告がテレビ広告を抜く日も近いといわれており、ネット広告も注目の分野です。

人材派遣業界

IT業界の急成長によってIT業界は人手不足状態。

少子高齢化によって介護業界や保育業界、医療業界も人手不足。

IT業界でも医療・福祉業界でも派遣社員によって人材を補う流れがきており、人材派遣業界は成長中です。

そのハブとなる人材派遣業界に身を置くのも一つの方法です。

また人手不足に付随して、求人広告業界も盛り上がっています。医療・福祉、IT業界の派遣求人においては、どんどんベンチャー企業が参入中です。

娯楽業界

AIやIOTなどの技術発展によって人の仕事をITが代行するようになると、人の余暇時間が増えます。

まだまだブラック企業が存在する一方でリモートワーク、週4日勤務、時短勤務など労働時間を減らす企業が増えているのも事実。

余暇時間が増えれば、その時間を娯楽につぎ込むことになり、娯楽産業が成長する可能性が高いのです。

具体的には、旅行、民泊、VR、ゲームなどの分野はほぼ確実に成長するでしょう。

created by Rinker
¥1,420(2019/09/16 23:41:21時点 Amazon調べ-詳細)

その他、参考記事

当サイトでは、転職したら年収が上がる企業や、求人の探し方について解説した記事もあります。

転職で年収を上げる3つの方法とは?手っ取り早い年収の上げ方も紹介
「転職して年収を上げたい。どうすれば年収は上がるのか?」結論からいえば、年収を上げるために取るべき方法は以下の3つです。生産性が高い業界に転職する成長産業にいる企業に転職する転職エージェントを使うなぜ年収を...
【ハローワーク以外】求人の探し方3つの方法を徹底解説!
ここではハローワーク以外で、転職・就職求人を探す方法を3つ紹介します。ハローワーク以外でも求人を見つけることは可能です。むしろハローワークよりも、「」や「」のような転職・就職サービスの方が圧倒的に求人が多く、さらに求人の...