質問と答え方 面接対策

他社の応募状況・選考状況を面接で聞かれた時の回答の注意点と回答例

更新日:

応募状況
面接で他の企業の応募状況・選考状況を聞かれることがあります。

他の企業にも応募していることを正直に話せば「うちの会社は冷やかしで受けたのか」と面接官に思われる恐れがあります。

だからといって「御社して受けていません」と答えたのでは、嘘をついてしまうことになりますし、話しているうちにボロが出てきてしまうでしょう。(本当にその会社した応募していなければその心配はないと思います)

では一体、他の企業の応募状況・選考状況について聞かれた時、どのように答えれば印象を悪くせずに済むのでしょうか。

ここでポイントとなるのは「入社意志を相手に疑わせないこと」です。

正直に話し、入社意志をはっきり示す

正直に話す
他の企業の選考を状況を聞かれた時は、正直に数社受けていることを伝えましょう。

その上で、「御社が第一志望です」とはっきり表明することが大切です。

【回答例】
「御社の他に3社選考を申し込みました。しかし私は御社でプログラマーとしてのスキルを磨きたいと思っていますので、是非、入社したいと考えております」

上記のように、志望動機をしっかりと伝え、入社意欲を具体的に伝えるようにしましょう。複数の企業に応募していることは隠す必要はありません。

他の企業が第一志望である場合の答え方

「どうしてもWEBマーケティングの仕事やりたくて、同業の他社も受けています。御社では他社には真似できない独創的な施策で業界No.1の地位を築いています。そのノウハウを学んでさらに独創的な戦略を立案していきたいと思ったので、御社に是非、入社したいと考えております。」

他の会社が第一志望である場合でも、入社意志があること、その根拠をしっかりと表明しましょう。

「御社が第一志望です!」とわざわざ言う必要はありません。

他の企業の応募状況・選考状況を聞く意図とは?

最後の質問を聞く
転職活動では複数の企業に応募することが当たり前であり、面接官も応募者が他の企業に応募しているであろうことは承知しています。

ではなぜ、面接官は他の企業の選考状況を聞いてくるのでしょうか?

自社の位置づけを知りたいから

面接官はあなたを困らせようと意地悪な質問をしているのではなく、「あなたの中で自分の会社がどれぐらいの順位なのか?」を知りたいのです。

言い換えるなら、自社に対する“本気度”をこの質問によってうかがっていると言えるでしょう。

そのため、「私はこういうことがやりたいので、どうしても御社に入社したいのです」という強い入社願望があることをしっかりとアピールすることが重要なのです。

転職の不安や疑問は転職エージェントで解決できる

転職について不安や疑問があるなら転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを使えば、プロのキャリアアドバイザーに相談可能です。

また希望と適性にあった企業を紹介してくれたり、面接や職務経歴書のアドバイスをしてくれたりするので、転職活動がぐっと楽になります。

とくに「 マイナビAGENT 」は20代の転職に強く、求人も豊富です。

その他以下のページでは転職エージェントをまとめているので参考にしていただければと思います。

【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介!

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

続きを見る

よく読まれている記事

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

3

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-質問と答え方, 面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.