他社の応募状況・選考状況を面接で聞かれた時の回答の注意点と回答例

応募状況
面接で他の企業の応募状況・選考状況を聞かれることがあります。

他の企業にも応募していることを正直に話せば「うちの会社は冷やかしで受けたのか」と面接官に思われる恐れがあります。

だからといって「御社して受けていません」と答えたのでは、嘘をついてしまうことになりますし、話しているうちにボロが出てきてしまうでしょう。(本当にその会社した応募していなければその心配はないと思います)

では一体、他の企業の応募状況・選考状況について聞かれた時、どのように答えれば印象を悪くせずに済むのでしょうか。

ここでポイントとなるのは「入社意志を相手に疑わせないこと」です。

スポンサーリンク

正直に話し、入社意志をはっきり示す

正直に話す
他の企業の選考を状況を聞かれた時は、正直に数社受けていることを伝えましょう。

その上で、「御社が第一志望です」とはっきり表明することが大切です。

【回答例】
「御社の他に3社選考を申し込みました。しかし私は御社でプログラマーとしてのスキルを磨きたいと思っていますので、是非、入社したいと考えております」

上記のように、志望動機をしっかりと伝え、入社意欲を具体的に伝えるようにしましょう。複数の企業に応募していることは隠す必要はありません。

他の企業が第一志望である場合の答え方

「どうしてもWEBマーケティングの仕事やりたくて、同業の他社も受けています。御社では他社には真似できない独創的な施策で業界No.1の地位を築いています。そのノウハウを学んでさらに独創的な戦略を立案していきたいと思ったので、御社に是非、入社したいと考えております。」

他の会社が第一志望である場合でも、入社意志があること、その根拠をしっかりと表明しましょう。

「御社が第一志望です!」とわざわざ言う必要はありません。

他の企業の応募状況・選考状況を聞く意図とは?

最後の質問を聞く
転職活動では複数の企業に応募することが当たり前であり、面接官も応募者が他の企業に応募しているであろうことは承知しています。

ではなぜ、面接官は他の企業の選考状況を聞いてくるのでしょうか?

自社の位置づけを知りたいから

面接官はあなたを困らせようと意地悪な質問をしているのではなく、「あなたの中で自分の会社がどれぐらいの順位なのか?」を知りたいのです。

言い換えるなら、自社に対する“本気度”をこの質問によってうかがっていると言えるでしょう。

そのため、「私はこういうことがやりたいので、どうしても御社に入社したいのです」という強い入社願望があることをしっかりとアピールすることが重要なのです。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 性格・価...

面接対策に使える転職サービス

■企業の口コミサイト

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。

他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

※参考: キャリコネ

■転職エージェント

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえるサービスです。

低スペック、資格なし、第二新卒などの方でも、誰でも利用可能です。転職エージェントでは、場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

とくに「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

※参考:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

■面接対策セミナー

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

※参考: 面接力向上セミナー