「平均勤続年数」が短いからといってブラック企業とは限らない。その理由とは?

勤続年数

「平均勤続年数が短いからブラック企業だ」

といったように、平均勤続年数が短い企業を選択肢から除外していませんか?

しかし、「平均勤続年数」が短いからといってブラック企業だとは、一概にいえません。

その理由について解説します。

スポンサーリンク

なぜ「平均勤続年数」が短いからといってブラック企業とは限らないのか?

その理由は3つ。

  1. 成果主義の企業
  2. 転職する人が多い業界
  3. 急成長中の企業で、採用したばかりの人が多い

成果主義の企業の場合も

平均勤続年数が短いのは、成果を出す人だけが残り、上にのぼる成果主義の企業だから、というケースがあります。

たとえば、完全歩合制の外資系保険の営業職は、成果を出せない場合、出世はおろか給料すらまともにもらえません。

このような完全成果主義の企業は、ブラック企業というわけではないのですが、成果を出せずに辞めていく人が多くいる場合も。

ゆえに平均勤続年数が短くなることがあるのです。

転職する人が多い業界

そもそも転職する人が多い業界であり、平均勤続年数が短いという場合もあります。

たとえば、IT業界では、転職する人が多い業界です。30歳前後であれば、3~4回転職している人は当たり前。10回転職を繰り返している強者(つわもの)までいるほどです。

そのため平均勤続年数は、同業他社とも比較することが大切です。

同業他社も同程度の平均勤続年数であれば、その業界の平均勤続年数が短いということです。ブラック企業というわけではないと判断できます。

急成長中の企業の場合も

急速に大きくなったベンチャー企業では、事業拡大のために大量に人を採用することがあります。

大量の中途採用を行うわけですから、当然、平均勤続年数は短くなります。

また、そもそもベンチャー企業は、創立間もない企業が多いので、平均勤続年数が短くて当然。

ベンチャー企業の平均勤続年数が短くても、ブラック企業だと安易に判断してはいけません。

平均勤続年数が短い企業は「チャンスに溢れた企業」の可能性も

チャンスに溢れた企業

平均勤続年数が短い企業は、チャンスに溢れた会社である可能性もあります。

たとえば平均勤続年数が長い企業は、辞める人が少ないため、上のポストが詰まっている可能性が高いです。

またそういった企業は、年功序列的であるため、中途社員はそもそも出世できない場合も。

出世を目指すのであれば、平均勤続年数が長い年功序列企業よりも、勤続年数が短い企業の方が、チャンスがあるともいえるのです。

転職エージェントを使ってさらに情報収集を行う

企業選びで失敗したくないのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーが企業の情報を教えてくれます。

平均勤続年数のみならず、その企業の雰囲気や社風など、自力では調べられない情報を提供してくれる場合も。

その他、優良企業だけを紹介してくれる転職エージェントもあるので、企業選びで失敗したくない方は、なおさら転職エージェントを利用するべきです。

20代におすすめの転職エージェント8選+併用におすすめの転職サイト4選
転職エージェント、いわゆる転職支援サービスを実施している企業は何十社もあり、どれを利用すればいいのかわかりませんよね。 そこでここでは、何十もある転職エージェントのなかから、20代前半・20代後半の方におすすめできる転職エージ...

※優良企業を厳選している転職エージェント