20代が面接で「今の仕事はやり切った、一通り経験した」と面接で語るのはNG

転職活動のNG例
「今の仕事はやり切った。だから転職して新しい仕事にチャレンジしたい」

一見、何も問題ない転職理由に思えますが、もしあなたが20代なら、この発言は厳禁です。

なぜなら面接官は、「仕事をやり切った20代とはいったい何なんだ!?」と思うからです。

スポンサーリンク

20代で仕事をやり切ることはあり得ない

面接官
そもそも一つの仕事に本当に向き合っている人は、「仕事をやり切った」なんて発言はしません。なぜなら仕事は極めれば極めるほど、奥深さを知るもので、数年でやり切ることなんて不可能に近いからです。

面接官を務めるのは企業の人事部や管理職、エース社員です。そういった勤続年数の長い人、一つの仕事に向き合っている人たちは、仕事の難しさを日々痛感しています。だからこそ、20代そこらで仕事をやり切るなんて、あり得ないのです。

「やり切った」ではなく「一通り経験した」だけ

恐らく「やり切った」と思っているのは、「一通り、この仕事は経験した」ということです。3年程度同じ部署で働いていれば、仕事を一通り経験し、難なく仕事を回せるようになるでしょう。

だからといって「この仕事をやり切った」と言えるほどのものではありません。

もし20代で今の仕事はやり切ったと思っているとしたら、それは本気で仕事に向き合っていない証拠とも言えます。もちろんだからといって「転職するな」というわけではありませんが、面接ではそういった部分を悟られないような転職理由を語る必要があるでしょう。

「今の会社から学ぶものは何もない」と語るのも厳禁!

NGな理由とは
似たような転職理由に「今の会社から学ぶものは何もない」がありますが、こちらも20代の人だと印象が悪いので言うべきではありません。

20代そこらで「今の会社から学ぶものは何もない」と言えば、面接官は「君はいったいどれだけ優秀なんだ? 今の環境に飽きただけでしょ?」と思うでしょう。

勤続数年で仕事に飽きてしまう人を雇ってくれるほど優しい会社はありません。別の転職理由を語るべきです。

誰もが納得するような華やかな実績があるなら納得してくれる面接官もいるでしょう。しかし、大した実績もないのに、堂々と「今の仕事はやり切りました」と語ろうものなら「仕事をなめているのか?」と採用を見送られるでしょう。

ベターな転職理由は「会社の都合でやりたい仕事に就けない」

転職理由
今の仕事を一通り経験し、他の仕事にチャレンジしたいと思っている人、今の仕事に飽きている人であれば、「会社の都合でやりたい仕事に就けないから転職を希望した」という志望動機がベターでしょう。

本来の転職理由と関連性があり、また、ポジティブに聞こえる転職理由になっています。

やりたい仕事と応募企業での業務が一致していることは必須です。また、「なぜ、今の会社ではやりたいことができないのか?」をしっかりと考えておく必要があります。しっかりと詳細を語ることができれば、面接官も疑念を持つ余地がないでしょう。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 あなた自身に...