これだけは注意したい!志望動機を作成する際に最低限注意すべき4つのこと

志望動機を作成する際に最低限注意すべき4つのこと

志望動機を作成する際の注意点について、

これだけは最低限注意したいというものを4つ紹介します。

志望動機はほぼ必ず、答えることになるものです。また採否を大きく左右する設問でもあるので、時間をかけてしっかり考えるようにしましょう。

志望動機の作り方が分からないという方は、転職エージェントのようなプロに相談できるサービスは早めに利用し、時間を無駄にしないようにしましょう。

※参考ページ:転職エージェントとは? どんなサービスを受けられるのか?1から学ぶ転職エージェントの全知識

スポンサーリンク

1:どの会社でも通用する志望動機はNG

「同業他社の中でなぜ当社を転職先として選んだのか?」「会社選びの基準とその明確な理由」といったことを採用側は探ります。

「自宅が近いから」「月収○○円以上だから」といったようなどの会社に対しても通用するような志望動機は当然NG。

また、「御社の求人広告にあった“お客様第一”という営業理念に魅力を感じ、応募しました」といったように理念に言及しても、具体的にどこが良いのかを示すことができていません。

漠然とした志望動機になっています。

志望動機は、「どうしてもその会社でなければならない理由」を考えるようにしましょう。

志望動機は3つ魅力をアピール

「その会社でなければならない理由」を述べるためには、

  • 業界の魅力
  • 相手企業の魅力
  • 職種の魅力

この3つを押さえ、そこで自分に何ができるかまで考えるようにしましょう。

【例】
「御社では業界で最もユーザー数の多い、WEBサービスを展開しております。ユーザー数が多いということは、そのユーザーに対してWEBサービスだけでなくもっと様々なニーズ、例えば○○や××といったサービスをWEB上で展開することができると考えております。」
「このような大きなユーザー集団を持つ企業において、新規事業開発に取り組んでみたいと考えています。」

上記の例に加え、職種の魅力を伝えられるようにすると「その会社でなければならない理由」を効果的に伝えることができます。

2:「大手だから」という志望動機はNG

働く意味・目的 (2)
「大手だから」といったように、安定志向と判断される志望動機は印象が悪いです。

「安定志向の人はあまり頑張らない」「自分がやらなくても他人がやってくれるという考えを持っている」などネガティブな印象を持たれがちだからです。

ただし「大手だからこそ、その資本や知名度を活用してできる仕事がある、活躍できる現場ある」といったように、大手でしか実現できないことに言及すると、納得してもらえます。

大手を志望する場合は、「大手だからこそできること」に焦点をあてて志望動機を考えるようにしましょう。

3:良い志望動機を作成するためには、情報収集を徹底的に行う

情報収集
良い志望動機を述べるためには、情報収集が欠かせません。

会社の経営方針、職種、商品やサービス、社長の人格など、より具体的な情報を志望動機に含めれば、応募企業に対する熱意を、採用側に示すことができるからです。

実際に商品・サービスを利用して情報収集を行う

個人向けの商品やサービスを提供している企業であれば、できるだけ実際に利用してみましょう。

実際に利用することで、同業他社と比べて、どのような点で優れているのか、どのような点で劣っているのかを具体的に把握できます。

また、面接でも実際に商品・サービスを利用したことを述べれば説得力が増します。

その他、店舗がある場合は訪問しておくようにしましょう。

ベンチャー企業なら社長のSNS・ブログをチェックする

ベンチャー企業であれば、社長の人柄、マインドがそのまま社風に反映されている場合があります。

ベンチャー企業に応募するのであれば、社長のSNSでの発言などをチェックしましょう。共感した点があれば、志望動機としてアピール可能です。

創業間もない企業であれば、自社のPRのために社長がSNSやブログをやっている可能性が高いので、必ず確認しておきましょう。

その他にも、新聞や雑誌の情報を時間があれば細かくチェックしておくようにしましょう。

4:同業他社への転職の場合は、戦力になることをアピールする

同業他社への転職の場合は、その会社で自分がどのように貢献できるのか、つまり、戦力になることをアピールすることが重要です。

「前の会社でも企画・開発に携わりましたが、差別化かれた製品を成功に導く体制が整っている御社でこそ、自分の企画力を発揮できると考えております」

上記のように応募先の情報を具体的に述べ、さらに具体的にどのように貢献できるかを述べるようにします。

同業他社への転職の場合、応募先企業の事業や経営方針、商品やサービスについてよく知っていることはアピールになります。

しかし知識をあれこれ披露するだけではなく、自分のアピールできるポイントに的を絞ることも大切です。

そして同業他社の中から、なぜこの会社を選んだのか、どういう理由でこの会社に貢献できるのか、を具体的に面接官に示すことができれば、かなり説得力を持たせることができます。

※その他参考記事

その志望動機はヤバい!面接官に響かないNG志望動機7つの例

さいごに:転職エージェントを使って志望動機のアドバイスをもらう

転職エージェント
志望動機に不安がある方、転職活動に不安がある方は、転職エージェントを利用しましょう。

プロのキャリアアドバイザーが無料で、志望動機の作り方を教えてくれたり、企業選びや志望動機作成に必要な、企業の情報も教えてくれたりします。

また応募するときは企業に推薦してくれるので、選考に通過しやすくなります。転職に不安や疑問がある方は、必ず利用するようにしましょう。

パソナキャリア 「正しい転職」を目指す大手総合転職エージェント。求人数が豊富。模擬面接や面接アドバイスなど面接対策が充実。
リクルートエージェント 利用者数トップクラス。約10万件の求人を保有するリクルートの転職エージェント。
doda 約10万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。とにかくたくさん求人を紹介してもらたいという方におすすめ。
※以下のページでは転職エージェントのメリットについて解説しています
転職エージェントを使う7つのメリット・4つのデメリット全解説
転職について調べたときに必ずといっていいほど目にする転職エージェント。 そのサービス内容は何となくわかっていても、使うメリットやデメリットがよくわからず、利用をためらっている方もいると思います。 そこでここでは、転職エージェ...