転職活動の心構え

職種・業種が変わる転職(キャリアチェンジ)はなぜ厳しいといわれるのか?

更新日:

キャリアチェンジは厳しのか?
職種・業種が変わる転職のことをキャリアチェンジといいます。

このキャリアチェンジのように未経験の職種・業種に挑戦するのは一般的に難しいと言われることがあります。

ここでは「職種・業種が変わる転職がなぜ厳しいといわれるのか?」その理由を解説するとともに、

職種・業種を変える転職を成功させる方法についても紹介します。

職種・業種が変わる転職(キャリアチェンジ)はなぜ厳しいといわれるのか?

転職活動で悩む

理由は以下の2つです。

  1. 即戦力にならないから
  2. 「今の会社で異動するべきではないのか?」という疑問を持たれるから

詳しく解説していきます。

理由1:即戦力にならないから

中途採用では、即戦力となる人を採用するケースがほとんどです。

キャリアチェンジを考える人は、当然、業務未経験か業種未経験であり、即戦力にはなりません。

前職でのスキル・経験を自己PRに使えないため、独学で取得した知識や、仕事への熱意、ポテンシャルなど、アピールしにくい要素をアピールしなければいけないのです。

また「未経験歓迎」の求人に応募する場合であっても、本当の未経験者は不利になることがあります。

なぜなら経験者が応募してくる可能性があるからです。

経験者と同じ選考枠を争う可能性も

さらに新卒とは違い、転職市場は様々なスキル・経験を持った人が存在します。「未経験歓迎」の求人にも経験者が応募してくる可能性があるのです。

同じ年齢・素養の人だったら、未経験の人よりも、経験者を企業は採用します。その方が、教育コストが少なく済むからです。

このように転職市場では、同じ求人に経験者も応募してくる可能性がありその場合、未経験者は不利になります。

これもキャリアチェンジが厳しい理由の1つでもあります。

理由2:「今の会社で異動するべきではないのか?」という疑問を持たれるから

職種・業種が変わる転職が困難である理由は、採用側に「なぜ、今の会社でその職種を目指さないの?」「異動しないの?」という疑問を持たれるからです。

一般的に、どんな会社でも異動願を出すことはできます。

それにも関わらず、転職を希望するのは「職種を変えたい以外に理由があるのではないか?」と思われるのです。

説明の仕方

「今の会社に希望の職種・業種がない」という場合、説明は簡単です。「就きたい職種・業種が今の会社にはない」と説明すれば、納得してもらえます。

一方で、希望の職種が今の会社にある場合は、「今の会社で異動すれば?」という疑問を払拭できる弁明が必要です。

たとえば、「異動願を届けて、1年経過するが異動させてもらえる気配がない」「過去にその職種に異動できた前例がない」など、採用側も納得できるような理由を用意するようにしましょう。

職種・業種が変わる転職(キャリアチェンジ)を成功させるためには?

職種が変わる転職をする

職種・業種が変わる転職(キャリアチェンジ)は厳しいと解説しましたが不可能ではありません。

キャリアチェンジの転職を成功させるために心がけることは、次の3つです。

  1. 応募職種で生かせるスキル・経験は惜しみなくアピールする
  2. 職種・業種について情報収集や勉強していることをアピールする
  3. 未経験者やスキル・経験が浅い人だけが利用する転職サービスで求人を探す

応募職種で生かせるスキル・経験は惜しみなくアピールする

現職・前職で職種で得たスキル・経験のなかで、応募職種でも生かせることがあれば、それを惜しみなくアピールするようにしましょう。

たとえば、営業職からマーケティング職に応募する場合、

営業職で学んだ、顧客のニーズを把握する能力、データだけでなく実際のお客様から直接話を聞くことの重要性などは、マーケティングの仕事でも存分に生かすことができます。

他にも前職・現職で培ったスキル、得た経験のなかで、次の仕事で生かせるものは、探せばたくさん見つかるはずです。

生かせるスキルや経験をアピールできれば、「すぐに戦力になってくれそうだ」と判断してもらえます。

職種・業種について情報収集や勉強していることをアピールする

たとえば、インターネット広告会社に応募する場合、

「インターネット広告について勉強している」
「独学でWEBサイトを作ってインターネットについて勉強している」
「関連資格の取得にはげんでいる」

など、職種・業種について情報収集や勉強していることをアピールしましょう。

これらをアピールすることで、仕事に対する熱意をアピールでき、「業務経験はないが、すぐに活躍してくれそうだ」とポジティブな評価をしてもらえます。

未経験者やスキル・経験が浅い人だけが利用する転職サービスで求人を探す

経験者が多い転職サイト・転職エージェントを利用してしまうと、経験者と採用枠を争うことになります。

経験者と同じ採用枠を争わないためには、未経験が多く利用する転職サービスを利用しましょう。

たとえば、20代で業務経験がない人や第二新卒の人を対象にした転職サービス「 第二新卒エージェントneo 」であれば、業務経験が豊富な人はほとんど利用していません。

また、求人のほとんどが「未経験歓迎」です。即戦力を求める企業はほとんどないので、採用されやすくなっています。

このような転職サービスを利用して求人を探せば、職種・業種が変わる転職(キャリアチェンジ)でも、充分に可能です。

未経験者やスキル・経験が浅い人だけが利用する転職サービスの一例

  • マイナビ ジョブ20's (マイナビが運営する20代専門の転職エージェント。未経験歓迎求人が多い)
  • ハタラクティブ (20代のフリーターや第二新卒を対象にした転職エージェント。業務経験がない人を多く利用している)
  • ウズキャリ (20代のフリーターや第二新卒を対象にした転職エージェント。業務経験がない人を多く利用している)

20代であれば、キャリアチェンジは厳しくない

20前後の転職者
20代であれば、キャリアチェンジは厳しくはありません。

なぜなら20代であれば、

  • 未経験歓迎の求人が豊富にある
  • 未経験者やスキル・経験が浅い人だけが利用できる転職サービスが豊富にある

からです。

20代の場合、未経経験でも「知識やスキルの吸収が早いはず」と判断してもらえることや、「若手なら未経験でも欲しい」という企業がたくさんあります。

そのためスキルや経験がなくても、ポテンシャルさえアピールできれば充分に採用してもらえるのです。

逆に、30代になると即戦力としてのスキル・経験、マネジメント経験がほぼ確実に求められるようになるので、キャリアチェンジは厳しくなります。

あなたが今20代なら、キャリアチェンジは今のうちにしておくべきです。

転職を成功に導く重要まとめ

企業を探す 1

「転職サイトの求人や企業ホームページからブラック企業を見抜きたい」 できれば入社前に、応募する前にブラック企業を見抜きたいものです。 しかしブラック企業は、たくみにホワイト企業を偽装するため、一目見た ...

便利な転職サイト 2

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

3

20代の転職サポートに強い 20代を対象とした求人が豊富にある ここでは、20代の方におすすめできる転職エージェントを厳選して紹介します。 おすすめの転職エージェントだけでなく、転職エージェントの選び ...

転職エージェントまとめ 4

転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介して ...

-転職活動の心構え

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.