「現在の仕事内容を教えてください」面接質問の答え方・質問の意図

転職面接 質問と回答

「現在の仕事内容を教えてください」

面接ではどれだけ職務経歴書を丁寧に書いていても、職務経歴を聞かれることがあります。

この場合、どのように回答すればいいのでしょうか。

結論からいうなら、採用企業に求められているスキル・経験を簡潔に説明することが大切です。

以下、具体的に回答のポイントや質問の意図を解説していきます。

質問の意図

職務経歴は、職務経歴書を読めばわかります。

それなのになぜ、あらためて職務経歴を質問されるのでしょうか?

その理由は、「普通に説明したら長くなる職務経歴を、いかに完結に説明できるか? 職務経歴書にかかれいない要素を加えられるか?」をたしかめるためです。

つまりは、プレゼン力をたしかめたいわけです。

答え方のポイント

転職サイトと転職エージェント

回答のポイントは下記の2点です。

  • 回りくどい表現や曖昧な説明をしないこと
  • 企業が求めている業務経験を簡潔に答える

何より簡潔に回答することが重要となります。

目安としては3分です。

3分で職務経歴の説明を終えるようにしましょう。

「一口には説明しにくいのですが……」などと回りくどい前置きをする必要はありません。

企業が求めている経験・スキルを簡潔に伝える

経験してきた業務、身につけたスキルを片っ端から答えていたのでは時間がありません。

応募企業が求めている、スキル・経験を簡潔に伝えるようにしましょう。

また、経験やスキルに不足がある場合は、それを補う知識を付け加えるようにしましょう。

営業・販売職に応募する場合

具体的な情報

営業・販売職の経験を伝える際には、取り扱ってきた商品やサービスの内容や特性、営業手法、対象顧客の属性、実績数値などについて、具体的に伝えるようにしましょう。

また業界用語や現場で使われている略語などは面接官に理解してもらえない場合があるので、極力使わないのがベストです。

未経験職種に応募する場合は応用できる知識も伝える

未経験の職種へ転職する場合、いくら前の仕事の経験を訴えたとしても評価されにくい場合があります。

応募職種に必要とされている基礎スキルや役立つ経験に焦点を当てた説明を心掛け、また社会人基礎力やすぐにでも応用できる業界知識、専門知識などがあることを伝えるようにしましょう。

短期で戦力となれる人材であることをアピールできます。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ
ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。 各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。 あなた自身に関する質問 今後のキャリアプランについて教えてください ...