「あなたにとって仕事とは何ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職面接 質問と回答
「あなたにとって仕事とは何ですか?」

この質問はとても漠然としているため、的外れな回答しないように注意が必要です。

面接官がこの質問で確かめたいのは、応募者の向上心と将来性です。これを踏まえて回答を考えていきましょう。

答え方のポイント

仕事を見下すような発言はNG

「仕事なんてどれも簡単ですよ」といった仕事を見下すような発言をすると「仕事を舐めるな」と思われ印象が良くありません。

また、「仕事はあくまで生活のためです」「お金をもらえればそれで満足です」などといった回答の印象が良くありません。

このような答え方では、向上心や将来性を全くアピールすることができないので、別の回答をするようにしましょう。

現実的な話と将来性のある話を盛り込む

「仕事は自己実現のためのもの」「仕事は私を表現してくれる作品のようなもの」

といったような、現実的でない回答をしてしまうと、仕事に対する認識が甘いと思われる可能性があります。

もちろん仕事に対して高い理想を持つことは、モチベーションを保つ上で大切なことです。

しかし、面接で仕事を語る際は、仕事に対する理想だけで終始するのではなく、仕事の現実的な側面も盛り込んだ方がいいでしょう。

例えば、「仕事は経済的安定を手に入れ、心理的安定を得るために欠かせないもでもあります」といった話も加えると、仕事に対して地に足がついた見方ができていることをアピールできます。

回答例

経済的安定のための手段とい側面と、やりがい・成長のためという2つの側面があります。

生活をする上で経済的安定は欠かせない要素であり、第一に考えるべき大切な要素だと思います。

また仕事は人生の大半を費やすものです。仕事にやりがいを見出すことは人生を充実させる上で大切なことだと思っております。

どんな仕事であってもやりがいを見出し取り組み、リタイアして人生を振り返った時、ビジネスマンとして何か実績を残せたと満足感を得られるように仕事に取り組んでいいきたと思います。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ
ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。 各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。 あなた自身に関する質問 今後のキャリアプランについて教えてください ...