「尊敬している人物を教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職面接 質問と回答
「尊敬している人物を教えてください」
「目標としている人物を教えてください」

これらはかなり高い確率で質問されるものなのですが、どのように答えるのがいいのでしょうか。

基本的に、反社会的な人、危険人物などを答えなければ、誰を答えても問題ありません。

なぜなら「誰を尊敬しているか」よりも、「その人のどんな点を見習い、それを自身にどう活かしていきたいのか」を面接官は知りたいと思っているからです。

答え方のポイント

その人のどんな点を見習い、それをどう活かしていきたいかを回答する

冒頭でも記載した通り、ここで重要なのは、誰を答えるかよりも、その人のどんな点を見習い、それをどう活かしたいかを回答することです。

他の応募者と回答がかぶりそうなイチローや戦国武将などでも問題ありません。また、独創性を出そうとして、面接官が知らないような、人物を無理に答える必要もありません。(本当に尊敬しているのであれば問題ありません)

ただし、「この人はこんな人です」といった、人物紹介だけで終わってしまったり、「とにかくすごい人です。尊敬しています」といったように褒めちぎるだけ終わったりしてはいけません。

  • なぜその人なのか?
  • その人のどこが尊敬できるのか?
  • どこを見習い、どう自身に活かしたいのか?

この3つを必ず含み、順序立てて回答するようにしましょう。

回答例

私が尊敬しているのは、堀江貴文氏です。

堀江氏はかつて、IT業界をリードする起業家の一人と言えるほどまでに成功しましたが、一度のあやまちを犯し、逮捕され、全てを失いました。

一度全てを失ったにもかかわらず、現在では、全く新しいコミュニケーションアプリをリリースしたり、ロケット事業に参入したりと、社会にために奔走しています。

逆境に立たされても、すぐに立ち直り、社会、人のために一生懸命になる姿に、非常に人間としての魅力を感じています。

私自身、環境や処遇に不満を感じることが多かったのですが、堀江貴文氏の復活劇から、どんな状況に立たされても、諦めず、前に進む気持ちを持てるようになりました。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ
ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。 各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。 あなた自身に関する質問 今後のキャリアプランについて教えてください ...