社長面接で見られているポイントと社長面接の前に準備しておきたいこと

最終面接
最終面接で社長であることは往々にしてあります。

社長面接までくれば、その企業で業務をこなすスキルやキャリアを備えていると判断されたと思ってもいいでしょう。

実際、社長面接では、条件の確認や入社意思の確認などをざっくばらんに話して終わりという場合もあります。

しかし安心してはいけません。

社長面接では、キャリアやスキルといった人材要件以外の部分で、“会社の一員としてふさわしい人間であるかどうか”を見られている場合もあるのでしっかりと準備しておきましょう。

スポンサーリンク

社長面接では「会社の一員としてふさわしい人間であるかどうか」が見られている

現場の社員とは違い、社長は経営に携わる人間であり、会社の成長を中長期的な視点で見ています。

会社の成長を長い目で見た時、会社のビジョンに共感してくれるか、社風に合いそうか、企業の成長に必要な人材かを判断します。

つまりあなたがこの会社の一員としてふさわしいかどうかをみているのです。

相手が社長だからといって大きく態度を変える必要はありませんが、まったく同じように振る舞えばいいというわけではありません。

企業理念、社長メッセージを予習しておく

既に経歴、キャリア、スキルの確認が終わっている最後の社長面接ではどんな質問をされるのか予測することができません。

対策としては、会社のホームページなどで、企業理念や社長のメッセージを調べておき

  • 共感できる部分
  • 理念を達成する上で自分が貢献できること
  • 自分が適した人材であること

これらを自分なりに研究して、頭の中にインプットしておくことが大切です。

仕事以外の話を聞かれたとしても、そこから仕事への意欲を示す話に展開できれば、社長もあなたが会社にふさわしい人材だと思ってくれるはずです。

転職の不安や疑問は転職エージェントで解決できる

転職について不安や疑問があるなら転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを使えば、プロのキャリアアドバイザーに転職について相談可能です。

さらに希望と適性にあった企業を紹介してくれたり、面接や職務経歴書のアドバイスをしてくれたりするので、転職活動がぐっと楽になります。

とくに「 マイナビエージェント 」は20代の転職に強く、求人も豊富です。

その他以下のページでは転職エージェントをまとめているので参考にしていただければと思います。

※参考ページ:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介