面接対策

【職種を変える転職】志望動機・退職理由はどう伝える? 面接での各注意点を解説

投稿日:

面接対策
職種を変えるということは、ゼロの状態からスタートするということです。

「最初は役に立てないけど、将来必ず役に立つから採用してくれ!」と申し出て、それを納得してもらう必要があるのです。

そのためにはどうすればいいのか?

各注意点を紹介します。

退職理由の注意点

基本的に、退職理由は自己都合で話しても問題ありません。

3年以上続けた上で、「今の仕事は自分には合わなかった、向いていなかった」と話すのであれば面接官も納得してくれます。

その上で、「異動は無理だった、転職するしかなかった」ということを伝えるようにしましょう。

「異動は無理だった、転職するしかなかった」ことを伝える

「職種を変えたい、ならば転職だ」といったように、安易に転職という選択を取る姿勢が見えてしまうのはよくありません。

  • 今の会社で状況を改善する努力はできなかったのか?
  • 嫌なこと、気に入らないことがあるとすぐに逃げる人なのでは?

などと疑われてしまうからです。

退職理由を語る時は、「異動をお願いしたけど叶わなかった。だから転職という選択しかなかった」という趣旨の発言を入れるべきです。

志望動機の注意点

「スキルを生かせる」というアピールはしない

職種を変えるということは、ほぼゼロの状態から次の仕事をスタートすることを意味します。

ですからどれだけ職種について下調べしたとしても、これまで培ったスキルを生かせるかどうかは不明です。

「これまでのスキルは御社でも生かせます!」などとアピールしてもまったく説得力がないのです。

それにスキルが生かせるかどうかは採用側が判断することです。応募者は自分の経験をたんたんと語ればいいでしょう。

熱意をアピールする

スキルをアピールできない代わりに熱意をアピールするべきです。

どのように熱意をアピールするのかというと、

  • 職種に必要な知識を把握している、勉強している
  • 必要な資格の勉強をしている

上記のようなことをアピールするのです。

例えば、

「WEBデザインの実務経験はありませんが、オンライスクールに通いWEBデザインの勉強をしております。また実際にWEBサイトを作ったり、マーケティングに関すること、SEOに関することも勉強しております。」

このようにアピールすれば、本気でその職種に熱意があることアピールできます。

その他、面接で注意しておきたいこと

具体的な職種内容を聞いておく

例えば、営業職といっても、法人営業と個人営業があります。また業界、扱う商材、企業規模によっても仕事の内容、範囲が変わってくる場合があります。

同じ職種でも、職務内容が異なる場合があるのです。

「こんな仕事をするとは思ってなかった」「イメージと違った」と後悔しないように、同じ失敗を繰り返さないために、具体的な職務内容についてしっかり聞いておきましょう。

面接で給料アップを口にしてはいけない

職種を変えることは、まったく未経験から次の仕事を始めることを意味します。

業界経験があろうとも最初の1年、2年は真っ当な成果を出せるわけではありません。会社のごくつぶし的立場からのスタートなのです。

それを理解せず面接で「給料を上げたい」などと口にしてしまえば、「うぬぼれている」「自分の立場をわきまえていない」などと判断されます。不採用の要因となります。

前職より高い給料をもらうに値する“何か”があるなら採用側も納得してくれるかもしれませんが、ないなら前職よりも希望給与は低めに伝えた方がいいでしょう。

職種を変える場合は、給料は、社会人1年目とまではいきませんが、それと同じぐらいの給料になると覚悟しておかないといけません。

職種を変えるなら早い方がいい、

いそいで転職するビジネスパーソン
職種を変えるならなるべく早いうちになるべく若いうちにする必要があります。

転職市場では、年齢が上がるごとにスキルの評価が重視されるようになります。

例えば、第二新卒の場合、スキルはそれほど重視されず、やる気や会社に合うかどうかが重視されます。

これが30歳ぐらいになるとやる気や会社に合うかなどはあまり重視されず、スキルがあるかどうかだけが重視されるようになります。

年齢を重ねるごとに、スキルに対する評価の比重が上がるわけです。

これは、年齢を重ねれば重ねるほど職種を変える転職がしづらくなることを意味します。職種を変える転職を考えているなら、すぐに行動したいいということです。

不安や疑問があるなら転職エージェントで解決する

面接に関して、職種を変える転職に関して不安や疑問があるなら転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを使えば、プロのキャリアアドバイザーが無料で相談にのってくれます。

また希望と適性にあった企業を紹介してくれたり、面接のアドバイスをしてくれたりするので、転職活動がぐっと楽になります。

特に「 マイナビAGENT 」は20代の転職に強く、求人も豊富です。

その他以下のページでは転職エージェントをまとめているので参考にしていただければと思います。

【保存版】転職エージェント全22社の特徴をまとめて紹介!

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

続きを見る

人気のまとめ記事

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

3

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

-面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.