「試しに転職活動」とは? 試しに転職活動をするメリットを解説

疑問

自分のスキルや経験でも転職できるのか?
どれくらいの年収、ポジションで転職できるのか?

転職を考えている人でだれでも、上記のような疑問を抱えると思います。

そして上記の疑問を解消する方法として紹介したいのが、「試しに転職活動」です。

「試しに転職活動」とはどういうことか?

本当に転職するかどうかは置いておいて、仕事を続けながら、今の仕事に支障がない程度に、転職活動を体験する。

これが試しに転職活動をするということです。

「試しに」といって実際に転職サイト・転職エージェントに登録したり、求人に応募したりします。職務経歴書、履歴書を用意して、面接にも参加します。

面接が進んだ場合は最終面接を辞退してもいいでしょう。

内定がでた場合は、それが良い企業ならば転職してもいいし、それほどでもないなら内定を辞退すればいいだけです。

つまり、

「現職に残る」という選択肢が確保した状態で、気軽な気持ちで転職活動を始めること

これが「試しに転職活動」です。

試しに転職活動をするメリット

  • 転職市場で自分がどれくらい評価されるのかがわかる(市場価値がわかる)
  • 自社と他社を比較できる
  • 転職してもいいのかどうか判断できる

メリット1:転職市場で自分がどれくらい評価されるのかがわかる

たとえば転職エージェントを利用して、どんな求人を紹介してもらえるかを確かめてみてください。

高い年収の求人や高いポジションの企業をたくさん紹介してもらえるなら、それだけあなたの転職市場での評価は高いということ。

逆に年収やポジションが下がるなら、あなたの市場価値はそれほど高くないということになります。

また求人サイトを使っていろいろな企業に応募して、書類が通るかどうかを確かめましょう。自分のスキルや経験がどれくらい評価されるのかがわかります。

転職サービスを使うことで、あなたの経験や身につけてきたスキルが、転職市場でどれくらい評価してもらえるのかがわかるのです。

メリット2:現職を見つめなおすきっかけになる

  • ネットでの情報収集
  • 転職エージェントから聞く業界や職種、企業の話
  • 説明会や面接で会う他社の社員から聞く話

転職活動を始めると、それまで入ってこないような情報が自然と入ってくるようになります。

集めた情報をもとに自社と他社を比較することで、「今の会社はそれほど悪くないかもしれない」と気づくかもしれません。

もしくは「やっぱり今の会社は辞めたほうがいい」となるのであれば、転職に振り切ることができます。

メリット3:転職すべきか否かを判断できる

  • 転職市場での自分の評価がわかる
  • 自社と他社を比較できる

試しに転職活動をすることで、上記2つのことがわかるようになり、結果、転職すべきか否かが判断できるようになります。

「試しに転職活動」をする際に使うべき転職サービス

リクルートエージェント リクルートキャリアが運営する大手転職エージェント。利用者、求人数、在籍エージェント数ともにトップクラスです。

たくさん企業を紹介してもらえるので、自分の転職市場での評価を見るには最適な転職サービスです。また転職サポートが充実しているわけではありませんが、その分、「試しに転職」という軽い気持ちでも利用できます。

ミイダス 転職サイトのdodaでおなじみのパーソルキャリアが運営するオファー型転職サービスです。1万以上の企業が参加。

経歴やスキルを登録すると転職した場合の想定年収と、転職できる可能性が高い企業の数が表示されます。

また、スキル・経歴に興味をもった企業からオファーが届きます。どれくらい年収でどんな企業からオファーが届くのか? これを確認することで自分の転職市場での評価がわかります。

doda パーソルキャリアが運営する求人サイトです。求人サイトなので、エージェントとの面談ややり取りはありません。求人数が多いので、情報収集に役立ちます。

また興味のある企業に好き勝手に応募できるので、書類が通過するかどうかで、自分の市場価値を確かめることができます。

転職エージェント(人材紹介サービス)だと、キャリアアドバイザーとの面談や連絡の手間が発生してしまうので、あまりたくさん利用しないほうがいいでしょう。

やり取りの手間で現職に支障がでます。

逆にリクナビNEXTのような求人サイトであれば、どれだけ利用しても問題ないでしょう。

企業や転職サービスにかける迷惑は考えなくてい

それほど転職願望が強くないのに、転職サービスを使ったり、企業に応募したりするのは迷惑ではないか?

といったように思うかもしれませんが、あまり考えなくてもいいです。

転職サイト、転職エージェントにはまったく転職する気がないのに「試しに使ってみた」という人はたくさんいます。

また企業は、選考・内定を辞退されることに慣れています。入社する気がないのに練習で面接を受けるという人もいるくらいです。

ですから試しに転職サービスに登録した、試しに応募してみた、というのもまったく問題ないのです。

幸いなことの転職サービスはそのほとんどが無料で使えます。転職エージェントと面談としても、10社に応募してもお金がかかることはありません。

使えるモノ・サービスは使うべきです。

「試しに転職活動」はすべてのビジネスパーソンにおすすめ

転職しようか悩んでいる人にはもちろんのこと、転職を考えていない人にも「試しに転職活動をしてみてください。

やはり、転職市場での自分の評価を把握できるのはとても大きなメリットです。

今の会社で重宝されていても、そのスキルや経験は他の会社でまったく評価されない場合があります。

そういったことを、試しに転職活動をしてみることで把握できるのです。

またいざ本気で転職活動をする場合であって、一度経験済みのことでつまずくポイントも少なくて済みます。

タイトルとURLをコピーしました