質問と答え方 面接対策

「転勤がありますが大丈夫ですか?」と面接で質問された時の回答の注意点と回答例

更新日:

転職面接 質問と回答
いつでもどこでも転勤できるのであれば、「大丈夫です。どこにでもいけます」と回答して、この質問は終わりです。

回答に工夫が必要なのは、転勤できない場合です。

ここでは転勤できない場合の回答の注意点について解説します。

回答の注意点

嘘はつかない

「転勤できない」と印象が悪くなる、と思い、実際は転勤できない状況であるにもかかわらず「転勤できます」と嘘をつくのは避けましょう。

入社した後、実際に転勤を命じられた時、「やっぱりできません」となってしまうと、トラブルになるかもしれません。

「転勤できるといったから採用したんだ」となり、最悪、解雇や訴訟になる可能性もあります。

転勤できない場合は納得してもらえる理由を話す

「転勤できない」と答える場合は、その理由が重要です。面接官が納得できるような理由があるのであれば、転勤できないとしても採用される可能性があります。

例えば、「親の介護があって、実家を離れることができません」といった理由であれば、面接官に納得してもらえるかもしれません。

逆に、「生まれ育った場所から離れたくない」「知らない土地では力を発揮できる気がしない」といった、単なる希望では、納得してもらえないでしょう。

自分の希望できはなく、転居を伴う転勤が不可能である物理的理由を語るようにしましょう。

入社意欲をアピールする

転勤できない理由を語った後は、さらに入社意欲をアピールしましょう。

「親の介護があって、転居がある転勤はできません。それでも、御社で働きたい」といったように入社意欲のアピールを付け加えれば、面接官も納得してくれるかもしれません。

ただし、納得してもらえる理由と入社意欲をアピールしたからといって、必ず納得してもらえるとは限りません。転勤できるかどうかを質問するということは、転勤が前提の企業ということです。

ここで「転勤できない」と答えると、やはり採用を躊躇するでしょう。

回答例

正直、今は転居を伴う転勤をするのは厳しいです。実は、今、自宅で父親の介護をしております。

家族全員で、交代制で介護をしているのですが、長男である私が一番の責任者となって行っているため、自宅を離れるのは厳しい状況でございます。

ただし、来年の4月には、弟が海外転勤から戻り、父親の面倒を見てくれると言っておりますので、4月以降であれば、遠隔地であっても転勤することは可能でございます。

転職を成功に導く重要まとめ

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職活動を始める際、最初に行うことといえば転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサイ ...

3

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-質問と答え方, 面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.