「天職とは何か?」これが天職!天職を決める3つの条件を解説

転職の3つの条件
「天職とは何か?」
「天職はどんな仕事なのか?」

多くの人がこの疑問を抱え、そしてわからないまま生涯を終えていきます。

なぜ天職がなかなか見つからないのか?

それは、天職そのものについて理解していないから。

何をもって天職とするのか? 天職の条件が見えていないのです。

条件がわからないなら天職はなかなか見つかりませんし、見つけた仕事が天職かどうかもわかりません。

天職を見つけるには、天職の条件をしっておく必要があります。

スポンサーリンク

天職とは? 天職を決める3つの条件

天職の条件は以下の3つ。

  1. 自分の仕事に意味があると思える
  2. その仕事を好きだと思える
  3. 自分の意志で決定できること、やらされている感がない

この3つの条件を満たしている仕事が、あなたにとっての天職である、ということになります。

3つの条件についてさらに詳しく解説していきます。

【天職の条件1】その仕事に意味がある・人に役に立っていると思える

人の役に立つ仕事
最低でも1日8時間。週に40時間を費やすのが仕事。

いくら得意な仕事であっても、

「この仕事に意味があるのだろうか?」
「誰かかの役に立っているのだろうか?」

と疑問に思ってしまうと1日8時間、週に40時間も続けることはできません。

人間は、自分がやっていることや人生に対して意味を見つけたがる生き物です。

あなたも一度は「自分は何のために生まれてきたんだろう? 何か役割があるのではないか?」などと考えたことがあるはず。

仕事も同じで、やるからには何か意味が欲しくなってしまうものです。

そして意味がなくなってしまうと途端に続けるのがつらくなります。

逆に、その仕事に「意義がある」「人生をかける価値がある」と思えると、多少つらくても、耐えることができます。

まさに天職に欠かせない要素の1つなのです。

自分にとって意味があるかどうかが重要

「仕事はどれも誰かに役に立っている。この世に意味のない仕事なんてない」

「他の仕事にあこがれていないで今の仕事に満足しろ」という意見があります。

たしかに存在するほとんどの仕事は誰かに役に立っており、だからこそ仕事として存在しているといえます。

しかしそれと、個人的に意味を感じられるかどうかは別の話。

重要なのは、自分にとって意味があるかどうか、であり世間にとって意味があるかどうかではありません

大切なのはあなた自身が、その仕事から意義を感じられること。

ですから「どんな仕事も誰かに役に立っている。今の仕事に満足しろと」という意見は無視するようにしましょう。

本当の天職を見つけたいのであれば。

【天職の条件2】その仕事を好きだと思える

仕事を好きだと思える
嫌いな仕事をしていて心が満たされることはありません。

単純にその仕事を好きと思えるかどうかは、天職におけるとても重要な要素の1つです。

人間は嫌いな仕事をしているときよりも、好きな仕事をしているときのほうが集中力が高く、さらに高い生産性を発揮します。

好きなことに没頭しているだけで成果がでる、評価される、昇進する、給料も上がるという最高の結果を引き出せるのです。

好きなことを見つける方法とは?

「時間を忘れて没頭できるほど好きなこと」

「そんなものが簡単に見つかるなら苦労しない。見つからないから困っている」というのが正直なところでしょう。

やりたいことがわからないときは、この質問を考えてみてください。

お金の心配をする必要がないくらいお金をもっている。
家族や友人、恋人など人間関係の心配も全くない。
さらに何をやっても必ず成功する才能を持っている。

死ぬまで困らないほどの「お金」「人間関係」「才能」の3つ手にしたとき、あなたは何を始めるか?

ここで浮かんだものがあなたの本当に好きなことです・やりたいことです。

【天職の条件3】自分の頭で考え、自分のやり方で行える

自分の考えで仕事ができる
小さいとき、親から「宿題をやれ」といわれた途端、宿題をやる気がなくなってしまった、そんな経験をしたことがあると思います。

人間は他人から「やれ」と言われてやるより、自発的にやるほうがモチベーションを高く保てます。

仕事に関しても同様。

やはり会社・上司からやれといわれて無理にやる仕事では、心は満たされません。

逆に自分で考えて、自分が正しいと思うやり方で行う仕事ならば満足度も達成感もあり、心も満たされます。

自分で考え自分のやり方でできること。天職の重要な要素なのです。

【さいごに】本気で天職を探すならプロに相談する

天職の定義は人それぞれです。

ここで紹介した条件が当てはまらないこともあるでしょう。

だからといって漠然と天職を考えていても、転職を見つけることはできません。

やはり、何をもって天職とするのか?

天職の条件のようなものを考えておくべきです。

1人で考えるのは時間のムダ

「どんな仕事が天職なんだろう?」とこれまでさんざん悩んできたと思います。そしていまだに見つかっていないと思います。

これまで見つからなかったのですから、同じ方法では今後も天職は見つかりません。

これまでと同じように1人で黙々と悩み続けているのは時間ムダ。

ではどうすればいいのか?

本気で天職を見つけたいなら、プロに相談することをおすすめします。

転職エージェントとの面談

転職エージェントを活用して天職を見つける

たとえば「 パソナキャリア 」や「 doda 」といった転職エージェントを活用するのです。

転職エージェントを利用すると、プロのアドバイザーのカウンセリングを受けられます。

あなたの、これまでのキャリアや適性、性格などから、向いている仕事、天職かもしれない仕事を提案してくれるのです。

1人で黙々と悩んでいるよりもプロのアドバイスをもらうほうが、よほど天職が見つかりやすいでしょう。

転職エージェントを使ったからといって、必ず転職しなければいけないということはありません。

天職がわからなかったら現職を続けてもいいのです。

時間は有限です。後悔しないためにも1日でも早く、プロに相談しに行くべきです。

※他の転職エージェントは以下のページで紹介しています

※参考ページ:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介