転職を成功させるために明確にすべき5つのこと

転職サイトに登録する

なんとなく転職しても失敗して後悔するだけです。

後悔したくないなら、転職を成功させたいなら、ここで紹介する5つのことを明確にするようにしましょう。

1:転職の目的を明確にする

なぜ転職する必要があるのか?
転職によって何を解決したいのか、どんな不満を解決したいのか?

転職の目的を明確であることは、転職成功の絶対条件です。

というより転職の目的を果たすことが、転職の成功ともいえます。

時々「3年たったから」「周りが辞めるから」といった理由で転職する人がいます。しかし目的がないなら、時間と手間をかけて転職する必要はありません。目的が曖昧なまま転職しても失敗するだけです。

「給料を上げたい」
「休みが取れる仕事に就きたい」
「やりがい仕事がある」

など、転職の目的を明確にするようにしましょう。

2:転職先での自分の役割、業務内容が明確にする

新規事業の立ち上げや、空(あ)いたポジションの穴埋め、成長事業の人員補充など、企業が採用活動には明確な目的があります。

企業の採用目的を把握すること。

そしてその企業から、どんな役割を求められているのか、入社した場合どんな業務を任されることになるかを明確にしましょう。

求められる役割、任される仕事を明確にしないまま転職してしまうと、「こんな仕事を任されると思っていなかった」「イメージと違った」と後悔することになります。

面接で業務内容を明確にしておく

また転職先での自分の役割、業務内容は、面接で質問するなどして、しっかり確認するようにしましょう。

転職サイトの求人詳細にかかれた少ない情報だけでは不十分です。少ない情報で仕事内容を勝手にイメージしてしまうと後悔します。

必ず入社前に、求められる役割、業務内容を明確にしておくが、転職成功の絶対条件です。

3:スキルや経験、知識などを生かせるかどうかを明確にする

これまで培ってきたスキルや経験、知識を次の仕事でも使えると、早く仕事を覚えることもでき、自分に自信を持つことができます。

仕事に自信を持てるので、転職先でも満足度も高くなります。

未経験の業界・職種に転職する場合や、第二新卒のように経験が浅い場合であっても、同様です。もっている知識を少しでも生かせると、仕事も早くを覚えられますし、仕事を楽しめるようになります。

逆に、まったくの未経験で、仕事や業界に対する知識もゼロ。興味のゼロという場合、仕事を覚えるのも、仕事を続けるのも大変です。(そんな仕事に転職しようと思う人は少ないかもしれませんが)

転職先を選ぶときは、「これまで培ってきたスキルや経験、知識のどれかを生かせる仕事なのか?」ということを明確にしましょう。

4:価値観の合う人、尊敬できる人と一緒に働けるかを明確にする

転職する人のほとんどが、職場の人間関係を理由にしていることからもわかるように、「誰と仕事をするか?」は仕事の満足度を決めるうえで非常に重要な要素です。

価値観が合う人と働けるか?
尊敬できそうな人と一緒に働けるか?

といったことを明確にすることは、転職を成功させるうえで非常に重要なのです。

面接で一緒に働く人を確かめる

面接は、一緒に働く人を確かめられる唯一の機会です。

とくに序盤の1次面接、2次面接では、現場社員や入社した場合上司になる人が面接官を務めることになります。

自身のアピールも大切ですが、面接官の人柄や一緒に働けそうかどうかも確かめておくようにしましょう。

5:前職よりもレベルの高い仕事ができるかを明確にする

やりがい、仕事の面白さなど、仕事の内容を重視して転職するなら、前職よりもレベルの高い仕事ができるかどうかは重要です。

前職よりも仕事のレベルが下がると、成長している実感が持てませんし、やりがいをも感じられなくなってしまいます。スキルアップも見込めません。結果的に仕事の満足度は下がり、転職して後悔することに。

仕事の中身を重視するのであれば、仕事のレベルが上がるかどうかは、成功を決めるうえで重要です。

転職する前にどんな仕事を任せてもらえるのか、任せてもらえる仕事のレベルはどれくらいかを明確にしておくようにしましょう。