「転職回数が多いですが、またすぐに辞めるのでは?」と面接で質問された時の回答の注意点と回答例

転職面接 質問と回答
最近では、1つの会社に一生勤め続ける人は少なく、必ず1度や2度の転職を経験する人が大半となっています。それでも日本では、1つの会社に長く勤めることを良しとする価値観があり、転職回数が多い場合は、ほぼ確実にマイナス要素となります。

「転職回数が多いですが、またすぐに辞めるのでは?」
「転職回数が多い理由を教えてください」

このような質問をされた時、言い訳がましいことを言ったり、人や会社に責任を押し付けるような発言をしたりするとさらに評価が悪くなりますので注意しましょう。

スポンサーリンク

回答の注意点

「転職回数が多いですが、またすぐに辞めませんか?」

このような質問をされた時は、以下の3つの要素を含めて回答するようにしましょう。

  • 転職回数が多い理由
  • 転職回数が多くなってしまったことに対する反省
  • この転職を最後にするという覚悟

転職回数が多い理由を語る

まずは「なぜ、転職回数が多くなってしまったのか?」この理由を述べなければいけません。

ただし言い訳がましいことは言わず、正直に、伝えるようにしましょう。また「上司が悪かった」「酷い会社ばかりだった」など責任を他に押し付けるのもみっともないので止めましょう。

例えば、「やりたいことが見つからずに転職を繰り返してしまった」「自分の向いている仕事を探し続けていた」といったような回答なら、まだ納得してもらえるでしょう。

反省を述べる

転職回数が多くなった理由を述べた後は、その反省を必ず述べるようにしましょう。

「自分の考えが甘かったことに反省している」「軽い気持ちで転職してしまったことを反省している」といったように自分に非があったことを素直に認めると、面接官も納得してくれます。

覚悟を述べる

面接は「また、すぐに辞めるのではないか」という疑念を持っています。

この疑念を晴らすために、「この転職が最後」「次は絶対に辞めない」であるという覚悟を述べるようにしましょう。

回答例

何をやりたいのか、何が向いているのかが分からず、短期間での転職を繰り返してきました。

しかし、仕事が自分に合っているかどうかは、数か月で判断できるものではなく、ある程度、長く勤めて、仕事を理解し、実績を上げて初めて分かることだと思います。

このことを理解せず、軽い気持ちで転職を繰り返してきたことはとても反省しております。また、仕事に自分を合わせる、仕事の面白さを主体的に見つけていくという姿勢が欠けていたことも反省しなければいけないと思っております。

自分の考えの甘さを自覚し、これまでの反省を生かし、次の会社では、逃げずに腹を決めて仕事に打ち込みたいと思っております。

もし御社が私を拾っていただけるのであれば、仕事があることのありがたみを噛みしめながら、御社に貢献できるように尽くします。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 性格・価...

面接対策に使える転職サービス

■企業の口コミサイト

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。

他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

※参考: キャリコネ

■転職エージェント

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえるサービスです。

低スペック、資格なし、第二新卒などの方でも、誰でも利用可能です。転職エージェントでは、場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

とくに「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

※参考:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

■面接対策セミナー

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

※参考: 面接力向上セミナー