「転職についてあなたの考えを教えてください」面接質問の答え方・回答例

転職面接 質問と回答

「転職についてあなたの考えを教えてください」と面接で質問された場合、どのように回答するのがいいのでしょうか。

ここでは回答のポイントと回答例を解説します。

スポンサーリンク

答え方のポイント

転職に対する自分の考えを自由に述べていいわけではありません。

あなたの転職に対する考え方と、企業の価値観に、一致する部分があることが望ましいです。

とえば、年功序列的な価値観が強い企業の面接であれば、

「転職は極力、避けるべきものであって、本来ならば、一つの会社でスキルやキャリアを積んでいくべきだ」

といった趣旨の回答が好まれます。

逆に、年功序列的な価値観が強い会社で、「キャリアアップを図るために、転職は有効な手段だ」といった回答をしてしまうと、企業の価値観と一致しないと判断される恐れがあります。

企業ホームページや募集要項、社長メッセージなどを見て、応募企業がどのような価値観を持った企業なのかを把握しておきましょう。

そして企業の価値観と相反しないような回答を心がけるようにしましょう。

転職・退職理由と矛盾しないように回答する

たとえば、転職・退職理由で「社風が合わなかったので退職したい」と回答したのに、

「転職は基本的にするべきではないと思います。仕事の進め方や社風、人事制度が気に入らない場合であっても、まずは、自分が会社に適合するように努力するべきです」

といった転職観を回答してしまうケースです。

これでは、転職・退職理由と転職に対する考え方が矛盾しています。

このような回答をすると、嘘をついていると思われ信用を失います。

回答例

基本的に、転職は慎重に行うべきだと思います。

まず、仕事、社風が自分に合っていないといったようなネガティブな思いからは絶対に転職するべきではないと思います。自分の理想を全てかなえてくれる会社は存在しないので、まずは、自分がその会社、仕事に適応することが大切だと思います。

私は今回、前の会社の業績悪化により退職を余儀なくされましたが、転職はこれで最後にしたいと思っています。

自身の転職観は正直に語るべき

面接対策

単純に面接を突破するのであれば、自身の価値観を偽って、応募企業の価値観に合わせた方がいいでしょう。

しかし、それで入社できたとしても、本当の自分の価値観とは違う会社です。

自分を偽って入社しても、窮屈な思いをするだけです。また転職を繰り返すようであれば、その転職は成功とはいえません。

転職で後悔したくないのでれば、正直に自身の転職観を語るべきです。

採用されれば企業の価値観と一致しているということになるので、入社後、窮屈な思いをすることはないでしょう。

採用されなければ、自分に合っていない企業だったということです。間違って入社しなくて良かったと思いましょう。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 あなた自身に...