【8つの事例から解説】うざい上司・仕事ができない上司の対処法

上司に悩む
罵倒してくる。
無理な仕事を押し付けてくる。
まったく仕事をしない。

そんな仕事ができない上司、問題のある上司への対処法をここでは一気に解説します。

8つの事例別で解説しているので、あなたの上司に当てはまる項目を読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

事例1:責任転嫁してくる上司

本来、責任をとってくれるはずである上司が、部下にすべての責任を転嫁する、というとんでもなくウザい上司。

このような上司の対処法として重要なのは、「絶対に自分に責任があると認めないこと」です。

認め時点で、本当にあなたが悪いことになってしまいます。

またあなたに責任を転嫁することでうまく逃げることができた上司は、また同じような状況のとき「あいつのせいにすればいい」とまたあなたに責任を転嫁するようになります。

その場しのぎのため、という理由で転嫁された責任を認めてしまう人がいますが、エスカレートするだけなので絶対に認めてはいけません。

対処法:上司の上司に相談する

責任転嫁をしてくる上司への対処法は、上司の上司に相談すること。

上司の上司に、「責任を押し付けられている」とハッキリ説明し、自分の上司に問題があることを理解してもらいましょう。

問題がある上司は、その部下のモチベーションを下げることもあり、会社としても害悪に他ありません。

上司の上司がまともであれば問題解決に動いてくれるでしょう。

ただし、部下に責任を転嫁することがその会社の文化である場合。つまり上司の上司も部下に責任を転嫁するタイプである場合、相談したところで意味がありません。

その場合、転職を考えた方がいいでしょう。問題がある会社で働いていても疲弊するだけです。

事例2:キレる・罵倒してくる上司

上司という役職は、部下にキレるため特権ではありません。

しかし「上司は部下を罵倒していい」と変な勘違いをしてしまっている上司がいるのも事実。毎日に上司の顔色を気にしながら会社で過ごすのは大変疲れるものです。

また人格否定を含む罵倒や理不尽なキレ方をする上司は、存在そのものがかなりのストレスになることも。

対処法:ハッキリ反論する

反論をしてしまうさらにエスカレートするのではないかと思うかもしれません。

しかし、度を超えた罵倒、明らかに理不尽な罵倒がある場合は、ハッキリとこちらの意思を示しておくべきです。

たとえばあなたが仕事でミスをしたとき、「おまえは本当にカスだな」などと罵倒された場合。

これは仕事にミスに対してではなく、あなたの人格否定になっています。この場合は「仕事に不備があったことは認めますが、『カスだな』は聞き捨てなりません」といったように反論しましょう。

一線を越えた罵倒であることを上司に理解させてあげるのです。

上司だからといって無条件に部下を罵倒してもいいわけではありません。

また人格否定に含む罵倒はパワハラにもなるものです。反論しても収まらない場合は、一度、上司の上司や労基に相談すること。もしくは転職を考えた方がいいでしょう。

事例3:仕事を教えてくれない・仕事を与えてくれない上司

新しい仕事をまったく教えてくれない、
仕事をまったく与えてくれない、

など部下に無関心の上司がいます。

暴言や責任を転嫁など、直接の被害がないためまだマシかもしれませんが、上司のサポートが必要なときや新しい仕事を覚えたいときなどは、迷惑な存在です。

対処法:こちらからコミュニケーションを取る

上司が部下に無関心なのは、自分の仕事で忙しい、仕事を増やしたくない、部下に仕事を取られたくないなどの理由から。

だまっていても解決する問題ではありません。上司に対しては、こちらからコミュニケーションを取るしかありません。

「少しお時間よろしいでしょうか?」と断りかいれてから、仕事について質問する、仕事の相談をするなどして、コミュニケーションを取るようにしましょう。

大切なのは、上司から学びたいという謙虚な姿勢を見せること。謙虚な姿勢で接すれば上司もあなたの方をみてくれるでしょう。

事例4:「言ってない」ことを「言った」と主張する上司

何も頼まれていないにもかかわらず、「昨日頼んだ、あの仕事どうなった?」と言われる。

「何のことでしょうか?」という「昨日たしかに頼んだだろ」などと怒られる。

このように「言ってない」ことを「言った」と言い張る上司がいます。

さらにやっかいなのは、ここであなたが「言ってない」と主張してもそれを証明できないと、上司は非を認めないこと。

対処法は逃げ道をなくすことです。

対処法:頼まれた仕事は文章に残しチーム全体の共有する

上司に頼まれた仕事はすぐに、文章化しチーム全体に共有しましょう。

メールで共有する、共有のToDoリストに書き込みなどでもいいでしょう。

「仕事の進捗を共有するため」「もしもときのための」などという理由であれば、共有することは不自然ではありません。

毎回必ず、文章で共有するようにしておけば、「言ってない」ことを「言った」と主張されても、「言ってない」ことの証明ができます。

上司も自分の非を認めざるをえなくなるでしょう。

またチーム全体で指示の共有化を習慣化することで、同僚とのやり取りにおいて「言った・言わない」のやり取りを避けられます。

事例5:指示をころころ変えてくる上司

仕事が半分進んだところで急に指示を変えてくる、

何度もなんども支持を変えてくる、

そんな上司がいます。

仕事の順番がめちゃくちゃになったり、仕事が何度も振出しにもどったりして非常にストレスになるものです。

このような上司は、単に頭の整理ができない人、仕事の優先順位を決められない人である可能性が高いです。

対処法:上司からの指示をメモする

上司からの指示はすぐにメモをとるなりして、記録するようにしましょう。

指示が変わったときは、「前回の指示はこうでしたので、こちらを優先させたほうがいいのでは?」と前回の指示を確認するようにしましょう。

こちらか上司の仕事を整理してあげるつもりで接するのです。

もしくは、文章化しメールで共有する、共有のToDoリストに書き込みなどで、チーム全体に共有するなどでもいいでしょう。

文章に残しておけば、上司も最初に出した指示を自らで確認できます。また全体で共有しているので、指示を変えることにも慎重になるはずです。

事例6:仕事をしない上司

部下にすべての仕事を押し付けて仕事をしない。
自分の仕事があるのにまったく仕事をしない。

そんな仕事をしない上司がいます。

上司に確認待ちの仕事があると、仕事が滞ってしまうことがありこれも迷惑な存在。

そもそも仕事をしていないのに自分のよりも高い給料をもらっているは、何よりも気に入らないもの。

責任を転嫁、キレるなどの条件が加わるとさらに上司に対する憎悪を大きなものに。

対処法:上司の上司に相談する

仕事をしない上司に対処するには、上司の上司に相談することが先決です。

仕事をしないタイプの上司は、上からの圧力に弱いものです。

仕事をしていないことの証拠を集めて、上司の上司に直訴する。上から忠告してもらえば、その上司も態度を改めざるをえなくなります。

事例7:無茶ぶりをしてくる上司

明らかにこなせない量の仕事、絶対に間に合わない仕事を押し付けてくる。
実現不可能な依頼をしてくる。

そんな無茶ぶりをしてくる上司がいます。

このような上司は断るとキレたり、文句を言ってきたりするのでかなりやっかいです。

対処法:断る、もしくは条件付きで引き受ける

無茶ぶりをされたときは、決して安請け合いせずに断るようにしましょう。

すべての仕事を引き受けていては、上司は「言えば何でもやってくれる部下」と勘違いしてしまいます。またそんな上司のために残業したり、仕事を持ち帰ったりしてしまってはあなたが社畜になるだけです。

無理な仕事は「無理」とハッキリ断ることも大切です。

ただし、「無理です」と断固拒否するような断り方だと、上司に文句を言われる可能性があります。

断るときは、「時間が足りず仕事がクオリティを保つのが難しいので」「納期に間に合わず迷惑をかけるおそれがあるので」といったように断ると上司に納得してもらいやすくなります。

事例8:仕事に関係の話ばかりをしてきて邪魔をしてくる上司

仕事関係のない話を振ってきて仕事を邪魔する上司がいます。

人間関係を円滑にするうえで適度な雑談は必要不可欠なもの。しかし度を過ぎた雑談は仕事の邪魔なだけ。

時間を奪われたことが原因で残業をしたり、仕事を持ち帰るようになってしまっては社畜です。

対処法:仕事の話に切り替える

雑談を振られたときは、仕事の話に切り替えるようにしましょう。

「そういえば○○の案件についてですが、」といったように、そのときに確認事項をまとめて聞いてしまえば、あとで上司に聞きいく手間も省けます。

もしくは、
「その話は今度飲み席でじっくり聞かせてください」
「すみません、今急ぎの案件があるので」

といったように話を断る方法も有効です。

さいごに:解決できないときは転職も視野にいれる

ウザい上司、仕事ができない上司の存在は大きなストレスになるものです。

しかし対処できない場合は、心身共に疲弊するだけでなく、あなたの大切なキャリアにも傷をつけることになります。

今の会社で対処できなさそうであるなら、あなたが身を引くこと。つまり転職も視野にいれるべきです。

「どこの会社にいってもウザい・合わない上司は存在する」という意見もありますが、今よりもマシな上司に巡り会えれば、それだけで仕事のストレスも軽減されます。

なぜ上司が合わない・上司がウザい場合、転職したほうがいいのか?
上司が合わない、上司がうざい。 上司に対して不満であるなら、そのまま仕事を続けていても自分の価値が低下するだけなので、積極的に転職すべきです。 その理由は、合わない上司と働くと、自分の価値が低下するからです。 合わ...