「入社したらどんな仕事をしたいですか?」と聞かれた時に注意したい5つのポイント

転職面接 質問と回答
「弊社に入社してやりたいことは何ですか?」

志望動機と併せて、入社後にやりたいことは必ず聞かれます。

回答する時の注意点を5つ紹介するので、対策を練っておきましょう。

スポンサーリンク

「○○がしたいです」と単発でやりたいことを話すのはNG

不採用の理由・採用の理由
「マーケティングがやりたいです」「広報がやりたいです」といったように自分がやりたい仕事を単発で話さないようにしましょう。

やりたい仕事を話す時は、キャリアやスキル、自分の強みと関連させて話すことで、相手にも具体的に自分のやりたいことを面接官にイメージされられるようになります。

例えば、営業の人が単に「広報をやりたい」といっても無理ですが、

「日々取引先と接するうちに、どういう情報を欲しているのかを肌で感じました。それを反映させた広報活動をやりたいと考えています」

といったように伝える方が好印象です。

ポテンシャルアピールが通用するのは新卒・第二新卒まで

ポテンシャルのアピール
「私は○○な性格なので、こんなことができます」

といったようにポテンシャルを使ったアピールは中途採用では通用しません。

自分は○○のスキル・経験を持っているので、こんなことができます、ここで生かしたいです、といったように経験・スキルと絡めるようにしましょう。

また、学生時代やアルバイト経験について言及することも、中途採用では基本的にNGです。

「○○の資格を持っているから」と話すのはNG

資格
TOEICのスコアが高いから、○○の資格を持っているから、こういう仕事ができます、といったように資格を理由にできることを述べるのものあまりおすすめできません。

資格があるからといって仕事ができることにはなりませんので、資格を言及したところでアピールにはならないのです。

あくまで実際に仕事で得たスキル、経験からできること、やりたいことを伝えるようにしましょう。

自分ならではスキルを探ることが大切

自分ならではのスキルとは何か、他人がやっていないことで自分にできることは何かを探りましょう。

自らの成功体験や実績を振り返りながら、自分に何ができるのか、企業にどんなことで貢献できるのかを考えましょう。

やりたい仕事に就けないことも想定しておく

良いエージェント
転職してもやりたいことに就けるとは限りません。より適性があると思われる部署に配属される可能性もありますし、下積みを積まなければ希望の業務をさせてもらえない場合もあります。

そのような事態も想定して身構えておくことが大切です。

例えば面接では、希望通りに配属されなくても御社なら汎用的に自分のキャリアやスキルを生かせるはず、というニュアンスをちりばめておくことがベストです。

やりたいことはあるけれど、すぐに希望通りにいかなくても自分は与えられたポジションで最善を尽くします、ということを伝えることができれば好印象につながるでしょう。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 性格・価...

面接対策に使える転職サービス

■企業の口コミサイト

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。

他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

※参考: キャリコネ

■転職エージェント

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえるサービスです。

低スペック、資格なし、第二新卒などの方でも、誰でも利用可能です。転職エージェントでは、場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

とくに「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

※参考:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

■面接対策セミナー

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

※参考: 面接力向上セミナー