転職活動の心構え

【年代別】企業が応募者に求めているスキル、素養とは何か?

更新日:

企業が求めているもの
年齢によって企業が求めるものは異なります。

ここでは各年代別に求められる要件をご紹介していきます。

自分の年齢の場合、企業はどんなこと求めているのか、そしてどんなことをアピールすればいいのかを確認してみましょう。

20代前半から20代半ばに求められること

業務経験が浅い20代前半から20代半ばの転職者に対して企業が求めるものは以下の三つです。

  • ポテンシャル
  • 仕事への熱意・意欲
  • 人間性

また20代前半から20代半ばは求人が最も多い年代になります。

前職で携わっていた業務やスキルなどももちろん判断材料にはなりますが、最も焦点を当てられるのがポテンシャルと仕事への熱意・意欲です。

20代を採用する場合、即戦力になるかどうかよりも入社後、企業の成長にどれだけ貢献してくれるのか、を見ています。

ブラック企業にいたりハードな職場を経験したのであれ、そのエピソードを伝えることで忍耐力やポテンシャルのアピールにも効果的です。

20代後半~30代半ばに求められること

転職者が最も多い年代が20代後半~30代半です。

この年代に必ず求められるのは、仕事に関する“成功体験”です。

そのため転職者の強みが何なのか、何ができるのか、どんな価値を生み出せるのか、といったことをしっかりと伝えることができなければ転職は成功しないでしょう。

未経験者の採用は20代がギリギリであるため、業種・職種が変わる転職が厳しいかもしれません。

30代半ば以降に求められること

この年代は企業はビジネスマンとしてのスキルや人・業務をマネジメントするスキルなどが求められます。

転職の際に求められることは

  • 専門的なスキル・成功体験
  • マネジメントスキル
  • 人間的魅力

などです。

専門的スキルと成功体験

経理・エンジニアなどの専門職では特にプロフェッショナルクラスのスキルが求められます。

また営業職だったとしても自身のスタイルを確立して、いくつかの成功体験を持っていることが重要となります。

マネジメントスキル

人のマネジメントと業務プロジェクトのマネジメント、両方のスキルが求められます。

人のマネジメントについては、人の教育や育成の経験と実績が求められます。たとえ無役職だったとしても後輩社員などに対する経験などがある方が良いでしょう。

続いて業務のマネジメントです。

社内の関係部署を調整しながら仮設・実行・検証のプロセスを回し、成果を出した経験や、業務をプロセス化するなど、後々まで残るシステムを確立した経験があればかなり高い評価につながります。

人間的魅力

人の上に立つことが求められるこの年代に人としても魅力は必要不可欠です。

部下や後輩から尊敬され、信頼される人柄は必須です。

逆にこの部分が欠けていると判断されると、かなりのマイナス印象となる可能性があります。

人気のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

転職サイトと転職エージェント 5

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-転職活動の心構え
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.