【年齢別に紹介】企業が求める人物像とは?|企業はどんなスキル・経験・素養を求めているのか?

企業が求めているもの
履歴書・職務経歴書の作成、面接対策をする上で、「企業はどんな人物を求めているのか?」を知ることはとても大切です。

そのためにも、ここでは企業が求める人物像を、各年代別に紹介します。

スポンサーリンク

20代前半~20代半ばの転職者の場合

20代の転職者
業務経験が浅い20代前半~20代半ばの転職者の場合は、企業が求める人物像は以下の2つに当てはまる人です。

  • ポテンシャルがある
  • 仕事への熱意・意欲がある

業務経験やスキルよりも、ポテンシャルや熱意が重視される

前職で培った業務経験やスキルなどももちろん判断材料にはなりますが、最も焦点を当てられるのがポテンシャルと仕事への熱意・意欲です。

この年代の場合は、業務経験やスキルが浅い場合、それらの経験・スキルはそれほど重視されることはありません。

逆に、「長い目でみて活躍してくれるか?」「企業に役に立ってくれるか?」が求める人物像の要件となります。

とくに「第二新卒歓迎」「未経験歓迎」などの求人に応募する場合は、なおさらです。

生かせるスキルや経験をアピールするのも大切ですが、応募職種にかける思い、仕事に対するやる気、長く続ける意気込みなどをアピールするようにしましょう。

ポテンシャルをアピールする方法

ポテンシャルをアピールするには次の2点を重点的にアピールすることが大切です。

  • 応募職種への理解度の高さをアピールする
  • 転職するために具体的な行動をとっていることをアピールする

たとえば広告営業の職種に応募するなら、その仕事や扱う商材に対する情報収集を行っていること、職種の勉強をしていることをアピールしましょう。応募職種への理解度の高さをアピールできます。

また、仕事に直結する資格を取得している、もしくは取得にために勉強している、

その他、希望職種に近い仕事を体験している、など希望職種に就くために具体的な行動をとっているのであれば、それをアピールしましょう。

これらをアピールすることで、職種に対する熱意・意欲をアピール可能です。これは同時にポテンシャルをアピールすることにもつながります。

20代後半~30代半ばの転職者の場合

30前後の転職者
転職者が最も多い年代が20代後半~30代半です。

20代後半~30代半は即戦力が求められる場合がほとんどです。

そのために企業はすぐに活躍できること、つまり、スキルや経験が備わっている人を求める人物像の要件として掲げます。

スキルや経験をアピールする場合は、仕事に関する“成功体験”を話すようにしましょう。

たとえば、

「売り上げを○○円伸ばした」
「○○円規模のプロジェクトと成功させた」
「営業成績トップで表彰された」

など。

その他、自分の強みは何なのか、応募企業でどんな価値を生み出せるのか、といったことをしっかりと伝えることが大切です。

これらをアピールできれば、実務能力やスキルが伝わり、「即戦力として活躍してくれそうだ」と判断してもらえます。

キャリアチェンジ・職種変更は30歳まで

未経験歓迎の求人は、「29歳まで」としている場合がほとんどで、30歳になるとキャリアチェンジ・職種変更が難しくなる場合があります。

もちろん求人がゼロというわけではありません。可能性がゼロというわけではありません。

しかし同じ未経験であるなら、給料が安くて済む若い人間が、採用される可能性が高くなるのは事実です。

30歳以上の方で、キャリアチェンジ・職種変更を考える場合は、転職エージェントを利用して、転職のプロからアドバイスをもらうようにしましょう。

たとえば、「 リクルートエージェント 」や「 パソナキャリア 」では年齢に関係なく、求人紹介、転職サポートを受けることができます。

自力で転職活動をしてもうまくいかず時間を浪費してしまいます。転職エージェントでプロのから的確アドバイスをもらって転職を進めるようにしましょう。

※以下のページでは転職エージェントのサービス内容を具体的に紹介しています。

※参考ページ:転職エージェントとは? どんなサービスを受けられるのか?1から学ぶ転職エージェントの全知識

30代半ば転職者の場合

30後半の転職者
この年代は、ビジネスマンとしてのスキルや人・業務をマネジメントするスキルなどが求められます。

具体的には以下が求める人物像の要件となります。

  • 専門的なスキル・成功体験
  • マネジメントスキル
  • 人間的魅力

1つひとつの要件について具体的に解説していきます。

専門的スキルと成功体験

経理・エンジニアなどの専門職ではとくにプロフェッショナルクラスのスキルが求められます。

また営業職だったとしても自身のスタイルを確立して、いくつかの成功体験を持っていることが重要となります。

マネジメントスキル

「人材マネジメント」と「業務プロジェクトのマネジメント」の両方のスキルが求められます。

「人材マネジメント」とは、人の教育や育成の経験についてです。たとえ無役職だったとしても後輩社員などに対する経験をアピールできると、人材マネジメント経験として評価してもらえます。

「業務のマネジメントについては、

社内の関係部署を調整しながら仮設・実行・検証のプロセスを回し、成果を出した経験や、業務をプロセス化するなど、後々まで残るシステムを確立した経験があればかなり高い評価につながります。

人間的魅力

人の上に立つことが求められるこの年代に人としても魅力は必要不可欠です。

部下や後輩から尊敬され、信頼される人柄は必須です。

部下から感謝された、周りの社員から感謝された、お客様からお礼の言葉をいただいたなど、人間性をアピールできるエピソードがあるならそれを伝えるようにしましょう。

逆にこの部分がかけていると判断されると、かなりのマイナス印象となる可能性があります。

さらに深く求める人物像をしるには?

本ページでは年齢別に企業が求める人物像を紹介してきました。

他にも企業が求める人物像を知る方法はたくさんあります。

たとえば、

  • 転職サイトの社員紹介から知る
  • 事業内容・IR情報から求める人物像を読み解く
  • 転職エージェントから過去に採用された人の情報をもらう

など。

詳しい内容については以下のページで解説しているので、参考にしていただければと思います。

https://tensyoku-knowhow.com/wp-content/uploads/2015/11/e6ef4d33ac8e305a8920d664edd0b8de-300×200.jpg