やりたい仕事・向いている仕事がわからないなら「やりたくない仕事・嫌いな仕事」を明確にする

自己分析

「やりたい仕事、向いている仕事がわからない」ことが理由で、転職活動につまずいている方もいると思います。

そんな方におすすめしたいのは、「やりたくない仕事・嫌いな仕事」を明確にして、「やりたくない仕事」をやらなくてもいい仕事を選ぶことです。

スポンサーリンク

「やりたくない仕事・嫌いな仕事」は簡単に見つかる

20代の転職者
やりたい仕事、向いている仕事は簡単に見つかるものではありません。

時間をかけて自己分析をしても、適性診断をしても、これまでやりたい仕事が見つからなかったはず。

また仕事の向き不向きは、実際に経験してみないとわからないものです。情報を集めたり、自己分析をしたりでは限界があります。

やりたい仕事がわからなくても転職活動につまずくのも無理はありません。

やりたくない仕事は簡単に見つかる

一方で、「やりたくない仕事・嫌いな仕事」は簡単にみつけることができます。

「こんな仕事は絶対にやりたくない」「こんな会社では絶対に働きたくない」「こんな仕事はもう二度とやりたくない」というものを思い出してみてください。

簡単に思い浮かぶはずです。

あとはやりたくない仕事・嫌いな仕事を避けて仕事探しをすればいいだけです。

やりたい仕事は変化するが、やりたくない仕事は変化しにくい

好きなことだけでは足りない

「好き」というのは、何かきっかけがあれば簡単に「嫌い」に変わってしまう場合があります。

たとえば異性に対しても、同性に対しても同じことがいえるはずです。ちょっとしたことがきっかけで、嫌いになってしまうことがあります。

仕事についても同じで、やりたいことを仕事にしてしまうと情熱が冷めてしまったり、別のやりたいことを見つかる場合があります。

「趣味を仕事にするな」という意見があるのは、好きなことほど熱が冷めやすい場合があるからなのでしょう。

やりたくない仕事、嫌いな仕事は変わりにくい

好きだったものを嫌いになった、ということは日常的にあると思います。

一方で、嫌いなものを好きなった、という経験はあまりないのではなでしょうか

ほとんどないはずです。嫌いな上司はいつまでも嫌いですし、嫌いな食べ物はいつまでも嫌いなはずです。

仕事に関しても同じです。

あなたがやりたくないと思っている仕事は、恐らく今後一生やりたくない仕事であり続けるでしょう。

嫌いな仕事は、一生嫌いな仕事であり続けるでしょう。

「やりたくない仕事」をやらずに済む仕事に転職する

求人を探す
これまで経験した仕事の中で、「これだけは一生やりたくない」「こんな職場では働きたくない」「こんな社風の会社では働きたくない」といったものがあるはずです。

それらを明確にした上で、仕事を探しましょう。

「絶対にやりたくない仕事」をしなくても済む仕事を探して転職をすれば、「絶対にやりたくない仕事」をやらなくても済む仕事を手に入れることができます。

仮に「やりたい仕事」ではなかったとしても、「絶対にやりたくない仕事」でもないので、長く続けられるはずです。

「やりたい仕事」がわからないのなら無理に探す必要はありません。「やりたくない仕事」を明確にし、とりあえず「やりたくない仕事」をやらずに済む仕事に転職するようにしましょう。

それだけでも仕事から得られる満足度は大きくなるはずです。

やりたい仕事・向いている仕事がわかったら転職すればいい

まずは「やりたくない仕事をやらずに済む仕事」に転職しましょう。

もし仕事をしているうちに、やりたい仕事・向いている仕事が見つかった場合は転職すればいいのです。

本当にやりたい仕事・向いている仕事が見つかっている状態なのですから、転職活動をスムーズにこなせるはずです。

「やりたくない仕事」をやらずに済む仕事を簡単に探す方法

リクナビNEXT 」のような転職サイトでは、「こんな会社が良い」「こんな仕事がいい」など希望条件を入力して求人を探すのが一般的です。

やりたい仕事や好きな仕事が明確でないと企業を探せないようになっています。

ではどうやって「やりたくない仕事」をやらずに済む仕事を探せばいいのか?

おすすめの方法は転職エージェントを利用することです。

転職エージェントを使って、「やりたくない仕事」をやらずに済む仕事を探してもらう

転職エージェントは無料で利用できる転職サポートサービスです。たとえば「 リクルートエージェント 」のようなサービスのことです。

利用すると、求人を紹介してくれたり、転職・仕事に相談に乗ってくれたり、とても役に立ちます。

この転職エージェントを利用して、担当のキャリアアドバイザーに「やりたくない仕事」を具体的に伝えるようにしましょう。

「やりたくない仕事」をすべて伝えておけば、その希望を加味した求人を探して、あなたに紹介してくれます。

自分で探す手間を省けるので、手っ取り早く「やりたくない仕事」をやらずに済む仕事をみつけられます。

※転職エージェントの一例

パソナキャリア 「正しい転職」を目指す大手総合転職エージェント。求人数が豊富。模擬面接や面接アドバイスなど面接対策が充実。
リクルートエージェント 利用者数トップクラス。約10万件の求人を保有するリクルートの転職エージェント。
doda 約10万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。とにかくたくさん求人を紹介してもらたいという方におすすめ。
※以下のページでは転職エージェントのメリットについて解説しています
転職エージェントを使う7つのメリット・4つのデメリット全解説
転職について調べたときに必ずといっていいほど目にする転職エージェント。 そのサービス内容は何となくわかっていても、使うメリットやデメリットがよくわからず、利用をためらっている方もいると思います。 そこでここでは、転職エージェ...