入社準備

嫁ブロックを受けた・転職を家族に反対された時の対処法

更新日:

転職に反対する嫁

内定をもらいいよいよ入社だ、という段階になって家族から(主に嫁)から転職を反対されることがあります。

配偶者に反対されることを嫁ブロックと呼ぶこともあります。

自分が「この会社ならうまくやっていける」と心の底から感じていたとしても、年収が一時的に下がったり、転職先が知名度のない企業であったりすると、家族は不安になり転職に反対されるのです。

しかし内定をもらった後に辞退することになってしまえば、受け入れ企業は当然のこと、人材紹介会社の方にも迷惑をかけてしまいます。また、既に退職届を出した後であれば、後戻りはできません。

そんな事態にならないためにも、ここでは嫁ブロックを受けた時の対処法について解説します。

現職に残るリスクを伝える

会社にとどまった場合、年収、ポジションが下がるリスク、遠距離転勤が発生するリスク、買収や倒産するリスクなどがある場合はこれを説得材料として使いましょう。

現在の勤務先に経営不振や組織的な問題、法律的な問題がある場合は、現職にとどまっても様々なリスクがあります。転職した方が、リスクを回避できる、より安定した生活を送れる可能性があるということを説明できれば、転職に反対する理由もなくなります。

また「会社の知名度が低い」ということで、転職に反対する嫁もいますが、知名度がどうであれ、潰れるリスクや年収が下がるリスクがある会社に勤め続けろという人はいないはずです。

転職先企業が持つ可能性

転職先企業の事業の将来性、同業の中での優位性、安定性、成長の可能性を説得材料として使いましょう。

いかに転職先企業が良い会社か、安定した会社か、将来性のある会社か。

現職の留まることと、転職すること、どちらが安定しているか、どちらが高い収入を得られるのか。

前述の「現職に留まった場合のリスク」とセットで語れば、嫁も転職に反対することはないでしょう。

転職後の長期的年収

家族(嫁)が転職に反対する理由が、「今よりも年収が下がるから」である場合もあるでしょう。

しかし、年収が下がるのが一時的なもので、長期的にみて生涯年収が高くなるのであれば、「年収は下がらない」ということを納得させられるはずです。

年収が下がるのが一時的なものではなく、また生涯年収も下がるのであれば、先に解説した「転職先が持つ可能性」「現職に残るリスク」で説得しましょう。

転職に反対するタイプの人は、安定志向である場合がほとんどです。「収入は高いけどいつ潰れてもおかしくない企業と、年収は下がるけど潰れない企業どっちがいい?」といったように聞いてあげれば、「転職した方がいい」と回答せざるを得ないでしょう。

リアルな情報を伝えるのが大切

どれだけ転職先が良い会社でり、転職のメリットを感じていても、嫁がそれらを知らなければ、転職に反対するのは当然のことです。

だからといって強引に説得するのではなく、正しい情報を伝え、転職のメリットを嫁自身に納得してもらうことが大切です。

分からせるのではなく、納得してもらうことです。

自分と同じ目線で転職のメリット、現職に残ることのリスクを理解してもらえれば、嫁ブロックに遭うこともないでしょう。

よく読まれている記事

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

転職エージェントランキング 2

さまざまなジャンルのランキングを発表しているオリコンより、転職エージェントランキングが発表されました。 上位5位の転職エージェントを、各転職エージェントの特徴とともに紹介します。 目次1 1位:Spr ...

3

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-入社準備

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.