「希望給与額を教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職面接 質問と回答
中途採用の面接では「当社に入社した場合、給与希望額はいくらですか?」といった質問はほぼ必ずされます。

まず質問の意図は以下の3つです。

  • 応募者のレベルを知るため
  • 応募者が、自分のスキル・能力レベルを把握できているか知るため
  • 応募者が考えている給与額と、採用側が考えている給与額のギャップを知り、給与設定の参考にするため

この3つの質問の意図を踏まえたうえで、回答のポイントについて解説していきます。

答え方のポイント

「いくらでも大丈夫です」はNG

採用されたいからといって「いくらでも大丈夫です」と回答するのはNGです。

前述のとおり、面接官は希望給与額からあなたのレベルを把握しようとしています。

「いくらでも大丈夫です」と答えるのは、いかにも何もできなさそうな人です。

また「何も考えないような人なのか」と思われる可能性があり、印象が良くありません。

希望の給与額を多めに答えないようにする

前職の給与よりもかなり多めに希望給与を伝えたとします。

実力と希望給与がかけ離れていると、「自分の能力をしっかりと把握できていない人だ」と面接官は考えます。

実力不足なのに、不相応な給与を希望しても見抜かれるだけです。

「自信過剰で謙虚さのない人だ」という印象を持たれる可能性もあります。

転職で給与アップを狙いたいなら“根拠”を伝える

前職での給与額に上乗せした額を答えることは悪いことではありません。転職はキャリアアップのチャンスです。

転職を気に給与アップを目指すことは当然のことでしょう。

その場合は、前職での給与額を示した上で、自分の経験やスキルを根拠とした、上乗せ金額を具体的に伝えるのがベストです。

「私はこれだけのことができるので、これだけいただきたい」
「こういうスキルを獲得するためにこれだけ投資したので、これだけ必要です」

といったように具体的に答えると、給与アップを希望するだけの説得力が全く違います。

その他にも給与アップの方法は以下のページで解説しています。

転職して年収を上げたい場合、どのような企業に転職すればいいのか?
転職して年収を上げたい場合、どのような企業に転職すればいいのでしょうか? 年収が上がりやすいのは以下のような企業です。 生産性が高い業界の企業 成長産業にいる企業 しかも上記のような企業であれ...

前職での給与額は正直に話す

応募先の企業での実績がない以上、前職と同等の給与額からスタートしてもらうのが妥当と考える企業が多くあります。

そのため、前の会社でもらっていた給与は、正直に伝えた方が無難です。

経験者である場合、採用側も前職での給与を目安にできるので、採用がスムーズに運ぶ可能性もあります。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ
ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。 各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。 あなた自身に関する質問 今後のキャリアプランについて教えてください ...