企業の本当の姿を知りたいなら「有価証券報告書」は必ずチェックすべき!その理由とは?

報告書で確認するべきこと

転職したい企業が上場しているのであれば、有価証券報告書は必ず確認しましょう。

なぜなら、有価証券報告書には、転職サイトには記載されない情報が記載されており、企業研究にとても役立つからです。

転職サイトからではわからない、企業の本当の姿を知りたければ、有価証券報告書は絶対にチェックすべきです。

スポンサーリンク

なぜ「有価証券報告書」をチェックすべきなのか?

なぜ、有価証券報告書は確認しておくべきなのか?

その理由は、転職サイトには掲載されない情報をたくさんあり、企業の本当の姿を把握するのに役立つからです。

転職サイトの情報だけでは企業の本当の姿はわからない

転職サイトは基本的に、ネガティブな情報はまったく記載されません。実際に転職サイトをみるとわかると思います。

「残業が多い職場です」「仕事が単調です」「活気はありません」といったネガティブな記載を見かけることはありません。

記載されるのは、その企業にとって都合のいい情報だけ。

このような一方的な情報だけでは企業の本当の姿を知ることはできません。

そして本当の姿を知らないまま企業を選ぶのは非常に危険です。

転職して「想定していたのと違った」「こんな会社だとは聞いていない」といったように、後悔するからです。

では、そういった失敗を避けることができるのか? どうすれば転職前に企業の本当の姿を知ることができるのか?

そこで役に立つのが有価証券報告書です。

有価証券報告書なら企業の本当の姿がわかる

有価証券報告書は、その企業について、従業員の平均年齢や平均勤続年数、役員の経歴など記載されている書類です。

有価証券報告書は、金融商品取引法によって、上場している企業に作成が義務づけられているものです。有価証券報告書に嘘の記載をすると違法となるため、記載されているのは事実だけとなります。

その企業の本当の姿を把握できるのです。

たとえば「若くて活気のある職場です」と求人に記載している企業について、若くて活気がある職場かどうかは、有価証券報告書の平均年齢をチェックすることで確認可能です。

有価証券報告書で確認するべき項目

転職先の情報
有価証券報告書の中で確認するべき項目としては

  • 従業員の平均勤続年数・平均年齢
  • 役員の経歴
  • 組織体制
  • 会社の沿革

この4つです。

従業員の平均勤続年数・平均年齢

従業員の平均勤続年数・平均年齢はチェックしておきたい項目です。

もちろん「平均勤続年数が短い」が「ブラック企業」であるとは一概に言えません。

そもそも平均勤続年数が短い業界だったり、成果を出している人だけが残る成果主義の企業、創立間もないベンチャー企業という場合も

それでも、従業員の平均勤続年数・平均年齢は、企業を判断する目安になります。

「平均勤続年数」が短いからといってブラック企業とは限らない。その理由とは?
「平均勤続年数が短いからブラック企業だ」 といったように、平均勤続年数が短い企業を選択肢から除外していませんか? しかし、「平均勤続年数」が短いからといってブラック企業だとは、一概にいえません。 その理由について解...

役員の経歴

有価証券報告書の役員の経歴をチェックすることで、どういう人間が上に立っているのかを確認できます。

たとえば、役員がすべて親会社出身の人で固められているようであれば、中途で入社しても、実力で出世するのは難しいと判断可能です。

逆に中途で社歴が短い人が、役員になっているようであれば、中途から役員まで出世することも可能だと判断できます。

また、年功序列な人事制度なのかについても、顔ぶれ、経歴で判断可能です。

役員の経歴は、出世を目指すなら絶対に確認しておきたい項目です。

組織体制

組織体制も念のため全体感を把握しておきましょう。

たとえば、あなたが配属される予定の部署が、社内でどのような役割を担っているのかをチェックすることは大切です。

部署の規模はどれくらいか、縮小傾向にある部署なのか、新しくできた部署なのかなど。

会社の沿革

新しいプロジェクトや事業に携わりたいのであれば、会社の沿革は確認しておきましょう。

なぜなら現在、会社がどのような新規事業に積極的なのかが見えてくるからです。

たとえば、子会社を作っていたり、新規事業を立ち上げたりしているなら、転職後あなたもそういったビジネスに携われる可能性があります。

同業他社の有価証券報告書もチェックしておく

比較

同業他社の有価証券報告書もチェックし、応募企業と比較するようにしましょう。

そうすることで、業界についてもさらに深い知識を持つことができます。志望動機や自己PRに役立てることも。

また、平均給与、勤続年数、事業の方針などについても比較することができ、業界の標準やそれぞれの企業の特色が把握できます。

転職エージェントを使ってさらに情報収集を行う

企業選びで失敗したくないのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーが企業の情報を教えてくれます。

平均勤続年数のみならず、その企業の雰囲気や社風など、自力では調べられない情報を提供してくれる場合も。

その他、優良企業だけを紹介してくれる転職エージェントもあるので、企業選びで失敗したくない方は、なおさら転職エージェントを利用するべきです。

20代におすすめの転職エージェント8選+併用におすすめの転職サイト4選
転職エージェント、いわゆる転職支援サービスを実施している企業は何十社もあり、どれを利用すればいいのかわかりませんよね。 そこでここでは、何十もある転職エージェントのなかから、20代前半・20代後半の方におすすめできる転職エージ...

※優良企業を厳選している転職エージェント