優秀な転職アドバイザーかどうかを判断するための3つの基準

キャリアアドバイザー
どの転職エージェントを利用しても同じアドバイスをもらえるわけではなく、

利用する転職エージェント、そして担当になるキャリアアドバイザーによってもらえるアドバイスや紹介してもらえる求人がことなる場合も。

できることなら優秀なキャリアアドバイザーからサポートを受けたいものです。

そこで、このページでは優秀なキャリアアドバイザーを判断する方法として、3つの判断基準を紹介します。

優秀な転職アドバイザーを判断するための3つの基準

あなたのためを思ってくれているかどうか?

転職者のためを思ってくれているかどうかは絶対に条件です。

「サービス業なのだからそんなの当たり前でしょう?」と思うかもしれませんが、アドバイザーの中には自身の利益を最優先する人もいます。

転職者の希望を無視して求人を紹介したり、高い年収で転職できそうな人を優先的に面倒を見たり、自身の成果だけしか頭にないアドバイザーが存在するのです。

当然、そのようなアドバイザーが担当になっても満足のいく転職はできません。

転職エージェント(人材紹介)において紹介してもらえる求人はほぼ100%、アドバイザーに依存しています。

目当ての求人があってもアドバイザーが紹介してくれなければ応募できないのです。

またアドバイザーは、応募する前に企業に推薦状を提出します。ここでアドバイザーが手を抜けば、どれだけ志望度の高い企業でも面接させてもらえません。

担当のアドバイザーがあなたのことを思ってくれているかどうかは、転職成功を左右するほど重要なことなのです。

転職エージェントを利用して「あ、このアドバイザーは自分の利益しか考えてないな」と感じるようなことがあれば、アドバイザーを変更する、もしくは他社の転職エージェントを利用しましょう。

現職に留まるメリットも踏まえた提案をしてくれるか?

これはつまり、「現職を続けたほうがいいのでは?」と提案することです。

いわば家電量販店にスマートフォンを買い替えに来たお客様に「今のスマートフォンでも十分に使えます。焦って買い替える必要はありませんよ」と提案するのと同じことです。

転職エージェントとしては、転職してくれたほうが当然、儲かります。

しかし転職はすべて解決できる万能薬ではありません。そのことはアドバイザーも重々承知しているはずです。

転職希望者と面談をした結果、「現状を考えれば現職に留まったほうがいい」と判断することもあります。

その際、「現職に残って仕事を続けたほうがいいですよ」と率直に提案してくれるアドバイザーこと、本当に転職者のことを思ってくれているアドバイザーです。

もちろん、明らかに転職したほうがいいという場合には、現職に残ったほうがいいとは提案しませんが、現職に残るメリットもある程度、教えてくれるはずです。

逆に転職者の現状を聞かず、来るもの拒まずで「さあ転職しましょう!」というアドバイザーほど信頼できません。

「一人でも多く転職させてポイント稼ごう」と考えている自分中心のアドバイザーです。

掛け持ちしても文句を言われないかどうか

基本的に転職エージェントは掛け持ちしても問題ないので、掛け持ちすることをとやかく言われることはないはずです。

もし「よそは使わないでくれ」「うちに絞ってくれ」などと言われた場合は、アドバイザーが優秀でない、もしくはその転職エージェントが良くないと判断できます。

なぜなら、

  • 自分コンサルティングスキルに自信がない
  • 良い求人がない

のいずれかである証拠だからです。

本当に良い転職エージェント、優秀なアドバイザーであれば「どうぞ掛け持ちしてください。そして比較してください。うちが一番であることが分かると思います」というはずです。

ここまで率直に言わないまでも、ほかの転職エージェントとの掛け持ちにケチをつけることはないでしょう。

「よそは使うな」ということは、つまり「コンサルティングスキルに自信がなく、もしくは求人に自信がなく、よそを使われるとそちらに逃げる可能性が高いと」と思っているからです。

「よその転職エージェントは使うな」と言われたら、その納得できる理由を言われない限り、優秀ではない転職エージェントと考えていいでしょう。

転職エージェントは1社に絞らず複数利用する

転職エージェント、そして担当になるアドバイザーが優秀であるかどうかは、転職成功に大きく影響します。

そしてアドバイザーは誰もが優秀なわけではなく、自分の利益しか頭にない人、純粋に仕事ができない人がいます。

転職エージェントはどれだけ利用しても無料ですが、失敗すればその代償は大きなものになります。

できない・優秀ではない人が担当になって、大事な転職活動を左右されないためにも、複数の転職エージェントを同時に利用して、アドバイザーの質や求人の質を比較できるようにしましょう。

担当のキャリアアドバイザーは変更できる

基本的にどの転職エージェントでも、担当のアドバイザーを変更することができます。

「複数の転職エージェントを使うのは面倒」「求人は良いのアドバイザーが使えない」という場合は、ためらわず担当を変更するようにしましょう。

変更する場合は、アドバイザーに直接伝えるのではなく、問い合わせ窓口から伝えば問題ありません。

担当変更の依頼メールの例

現在、担当の○○様から丁寧なサポートをいただいているのですが、○○という点において不安を感じています。

転職という大切なイベントということもあり、もし可能であれば××分野に強いキャリアアドバイザーの方に担当を変更していただければと思います。お手数をかけますが、ご検討いただけると幸いです。

※その他、以下のページではキャリアアドバイザーとの相性が悪い場合の対処法を解説しています。

合わない・態度が悪い・入社をせかす・キャリアアドバイザーが担当になってしまった時の対処法