転職は在職中か、退職してからか? 在職中に転職活動をするべき人・退職してから転職活動をするべき人

未来は誰にもわからない
転職活動をするなら在職中の方がいいのか?

それとも退職してからの方がいいのか?

転職活動を始める多くの人が悩むポイントです。

ただし仕事の状況によって異なるため正解はありません。

ここでは、「在職中に転職活動を行うべき人」と「退職してから転職活動を行うべき人」の特徴をまとめて解説します。

今のあなたがどのタイミングで転職活動を始めるべきかがわかるはずです。

また双方のメリット・デメリットについても解説するので、あわせてご確認いただければと思います。

在職中に転職活動をするべき人

  • 仕事をしながら転職活動をする時間的な余裕がある人
  • 早急に転職したい、というほどでもない人
  • 貯金がない人、経済的余裕がない人

休みがしっかりあって、残業もそれほどない。有休もしっかりとれるという場合、仕事をしながらでも十分に転職活動をすることができます。

やはり在職中に転職活動をする方が、仕事がなくなる心配がないため、心に余裕をもって転職活動ができます。現職に時間的余裕があるなら、無理に仕事を辞める必要はないでしょう。

退職してから転職活動をするべき人

  • 仕事がつらくて今すぐ辞めたいという人
  • 仕事が忙しくて転職活動の時間を作れない人
  • 経済的余裕がある人

今の会社がブラック企業で肉体がもたない。
上司に嫌がらせをうけていて精神面にもたない。

など切羽詰まった状況であるなら退職を優先するべきです。無理に我慢して身体を壊してしまって元も子もありません。

また仕事が忙しくて転職活動の時間を作れないという人も先に退職していいでしょう。

企業研究や自己分析など、転職活動にはある程度の時間を割く必要があります。

仕事が忙しくて大雑把な気持ちで転職活動をしてしまうと、企業選びで失敗して後悔したり、最後まで転職先が決まらなくて時間だけが無駄になってしまったり、転職活動が無駄になってしまいます。

後悔したくないなら会社を辞めて思い切り転職活動に打ち込むことも大切です。

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

メリット

  • 生活面に不安がなく転職活動ができる
  • 会社選びに妥協することなく、じっくり転職活動ができる
  • 現職に残るという選択もできる
  • 在職中の人の方が選考で評価される場合がある

仕事がある、給料が振り込まるという精神的・経済的余裕があります。

また、いい会社が見つからなければ現職を続けることも可能です。

焦ったり妥協したりする必要がないので、会社選びで失敗することもありません。

この精神面での余裕は大きなメリットであり、このメリットがあるために「転職活動は仕事を続けながらの方がいい」という意見が多くなっています。

デメリット

  • 仕事が忙しいと転職活動に時間が割けない
  • 生活面で困ることがないため、転職活動に本腰を入れられない
  • 退職手続きが遅れると、企業から指定された入社日に間に合わない場合がある

企業研究、企業探し、自己分析には十分に時間を割くべきです。しかし仕事が忙しいとそれもできません。

また、せっかく転職先が決まったのに入社日が決められないというのは最悪です。

繁忙期に入ってしまいなかなか退職できない、引継ぎにてこずる、家族の反対にあうなど、様々な理由で会社を退職できないケースがあります。この点にも注意が必要です。

転職活動に本腰が入らないなら、転職活動はしない方がいい

また仕事もある、給料も毎月に振り込まれるという状況なので、よほど今の仕事に不満がないと転職活動に本腰が入らないという場合もあります。

ただし、転職活動に本腰を入れられないということは、転職の目的が明確でないとも言えます。

目的が曖昧なままでは、転職しても失敗するだけです。転職活動に身が入らないのなら、転職活動そのものを中止するべきです。

退職してから転職活動をするメリット・デメリット

メリット

  • 転職活動に集中できる
  • 時間に融通が利くので多くの企業へ応募できる
  • 自己啓発の時間が作れる

企業研究、応募書類の用意、面接対策を入念にできるため、準備不足による企業選び失敗を防ぐことができます。

自己啓発に時間を割けるのは大きなメリットです。

たとえば、応募条件を多少満たしていない求人であっても、「スキル習得中」「資格取得予定」ということがアピールできます。

在職中の人が同じアピールをするのとはわけが違います。

デメリット

  • 転職先が決まらないと経済面で困窮する
  • 転職先が決まらないと精神面に焦りが出てくる
  • 長期のブランクができると選考で不利になる

会社を辞めてからでもすぐに転職先が決まれば何も問題ありません。

しかし、なかなか転職先が決まらなかったとき、精神面でも経済面にも困難する場合があります。いずれにしても焦って、転職の目的を忘れて会社を選んでしまうことだけは避けるべきです。

それでは会社を辞めてまで転職活動をした意味がありません。

3か月以上はブランクとなり、マイナスになる場合も

もう一つ注意しなければいけないが離職期間が長くなると選考でマイナス要因となることです。

おおむね3か月以上の離職期間があると企業側は、その期間に何をしていたのかを気にします。

たとえば

「何か問題があって、どの企業に採用してくれなかったのではないか?」
「働く気がないのではないか?」

といったことを疑問に思うので、納得できる理由を説明しないといけません。